タスカル(オンライン秘書)のリアルな評判・口コミは?のメリット・デメリットを解説

「電話応対業務を外部委託したいけど、タスカルの評判はどうなんだろう?」
「実際にタスカルの利用経験がある人の評判を知りたい」

業務を外部委託するためにタスカルの利用を検討しているけど、タスカルがどのような評判なのか気になっている方も多いでしょう。

結論から言うと、タスカルは〇〇な企業におすすめの電話代行サービスです。

本記事では、タスカルのネット上のリアルな評判を、良い意見と悪い意見に分けて集めて、サービスの強み・弱みについて徹底解説します。

読み終えれば、あなたもタスカルを利用すべきかどうか、評判・口コミから判断できるので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

タスカルとは雑務を低コストで依頼できるサービス

タスカルとは、経理業務などの会社内の業務を外部委託しようとしている企業とさまざまなスキルを持っているオンラインアシスタントをマッチングするサービスです。

経理業務以外でも、チラシ作成、秘書業務、ホームページ管理といった幅広いジャンルの業務支援を受けることができます。

業務に関して必要なマニュアル作成や業務の流れは、アシスタントを行う中でタスカルが作成するので、会員登録したらすぐサービス開始できるでしょう。

オンラインアシスタントの採用は無料となっており、コストにも優しいサービスなので、ぜひ、タスカルの利用を検討してみてください。

料金プラン・3か月プラン:44,000円/10時間
・6か月プラン:33,000円/10時間
・年間プラン:27,500円/10時間
URLhttps://color-s.net/
運営会社株式会社Colors

表を見てもらえば分かるように、タスカルは時間単位の利用になっています。

長期間タスカルを使うことによって、時間単位による価格が徐々に安くなっているのです。

そのため、タスカルを安く利用したい企業様は、一度タスカルを利用してみて良かったら、年間プランでタスカルの利用を検討してみてください。

タスカルのリアルな評判・体験談・口コミ

タスカル利用者のリアルな評判を知りたい方も多いでしょう。

ここでは、タスカルに関する悪い評判と良い評判について紹介します。

タスカルに関する悪い評判

タスカルに関する良い評判

タスカルの評判から分かった3つのメリット

タスカルの評判から分かったメリットは3つです。

  1. スケジュール管理に時間を割かなくて良くなった
  2. 幅広く業務を行えるアシスタントが所属している
  3. バックオフィス業務に向いている

スケジュール管理に時間を割かなくてよくなった

多忙の経営者の方であったらスケジュール管理をする時間もないという方が多いでしょう。

しかし、タスカルに依頼するとGoogleカレンダーに全ての予定を入れてもらうことで仕事のスケジュール調整を素早く行ってもらえます。

そのため、他の業務にスケジュール管理に使っていた時間を割けるようになるでしょう。

幅広く業務を行えるアシスタントが所属している

タスカルでは、主に営業事務、マーケティング、Web製作、人事・総務、経理などさまざまな種類の業務の専門知識を持ったアシスタントがチームを組んで対応します。

他の業務を依頼していたけど今度はこっちの業務を依頼したいなど利便性が高いサービスと言えるでしょう。

バックオフィス業務に向いている

バックオフィス業務とは、顧客と直接関わらない経理や総務、人事などの業務のことです。

タスカルは、オンラインで行い社外のスタッフが業務に取り組むということもあり、バックオフィス業務以外を依頼することは難しいと言えるでしょう。

タスカルはバックオフィス業務を依頼することをおすすめします。

タスカルの評判から分かった3つのデメリット

タスカルの評判から分かったデメリットは3つです。

  1. 返信スピードが多少遅い
  2. 契約プランの時間数が少ない
  3. 外注できる業務とできない業務との見極めが大切

返信スピードが多少遅い


素早く返信が欲しいときに返信が遅かったりすることも多々あるようで、返信スピードの遅さに対して改善を求める企業が多く見受けられました。

ただ、企業から返信の催促を行うと素早い返信が返ってくるので、そこまで気にする必要はないでしょう。

契約プランの時間数が少ない

先ほどタスカルは、経理や人事などのバックオフィス業務に向いていると紹介しましたが、月最大10時間契約を少し物足りなく感じる方も多いでしょう。

ただ10時間以上タスカルに依頼した場合、10時間単位で加算(切り上げ)が行われます。

契約プランの時間数を超えたら利用できなくなるわけではないので、安心してください。

外注できる業務と出来ない業務との見極めが必要


タスカルは社外スタッフが業務を行っているため、外注依頼するべきか判断が必要な仕事は依頼しにくいです。

もちろんこのデメリットに関しては、タスカルだけに限った話ではありません。

例えば、複雑なマニュアルが必要な業務は、コミュニケーションに時間が割かれてしまうため、外注依頼しないなど見極める必要があります。

常日頃行っているルーティン業務は、タスカルに依頼するなど予め外注判断を設定しておくと時間をかけずに外注の有無を決定できるでしょう。

まとめ:タスカルは設立したての少数精鋭ベンチャー企業におすすめ

幅広い業務を行えることなどタスカルを利用するメリットがある一方で、返信スピードの遅さなどのデメリットもあります。

タスカルと他のサービスの評判を比較検討を行うことで、より良いサービスに出会えるので、ぜひ他のサービスの評判も調査してみるといいでしょう。

設立したての企業は、行うべきバックオフィス業務が多々あるはずです。

タスカルに依頼を行えば、他の業務に時間を避けるので、設立したての企業の方は、ぜひタスカルの利用を検討してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

MARKENOTE編集長。Webライターからキャリアをスタートし、現在は各種BtoB企業メディアでのオウンドメディア構築・運用支援を担当。コンテンツマーケティングで悩むすべての人の助けとなる情報を提供します。

目次
閉じる