Amazonセラーセントラルとは?ベンダーセントラルとの違いやできること、ログインできない原因を解説

Amazonセラーセントラルとは、Amazonにセラーとして商品を出品する際に、店舗管理に使用するプラットフォームです。さまざまな機能が搭載されており、店舗管理に欠かせないため、Amazonセラーセントラルを詳しく理解したい方がいるのではないでしょうか。本記事では、AmazonセラーセントラルでできることやAmazonベンダーセントラルとの違いなどを詳しく解説します。

Amazon運用に関するノウハウやリソースが不足している場合には、運用代行・運営代行会社やコンサルティングを活用するのがおすすめです。

おすすめのAmazon運用代行・運営代行会社は以下の記事で紹介しているため、ぜひ参考にしてください。
【徹底比較】Amazon運用代行・運営代行おすすめ人気31選!費用や失敗しない選び方も紹介
Amazonコンサルティングおすすめ人気31選!選び方・メリット・注意点・費用相場まで解説

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、ブランドのポテンシャルを最大限に引き出す運用代行・コンサルティング会社です。

転売対策や広告運用など各分野の精通したスペシャリストが在籍し、少数精鋭のプロが結集したチーム体制で、売上・利益アップやブランド価値の向上を実現します。

フル運用代行はもちろん、広告運用や転売対策など課題に対するピンポイントなご依頼も可能です。サービス内容や事例、費用などは以下のページにまとめているため、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

目次

Amazonセラーセントラルとは

Amazonセラーセントラルとは、商品を出品する際に使用する管理画面です。商品情報の追加や在庫の更新、支払いなどのさまざまな管理に使用します。

Amazonセラーセントラルは、アプリからも確認が可能です。スマホやタブレットなどモバイルデバイスから各種データの確認や操作ができるため、場所を問わずAmazonの運用業務を行えます

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

AmazonセラーセントラルとAmazonベンダーセントラルの違い

AmazonセラーセントラルとAmazonベンダーセントラルの違いについて解説します。

Amazonの出店形態にはセラーとベンダーがあり、管理画面はAmazonセラーセントラルとAmazonベンダーセントラルの2種類に分けられます。

利用条件、主なメリット・デメリットなどをまとめました。

AmazonセラーセントラルAmazonベンダーセントラル
利用条件なしAmazonからの招待が必要
販売方法自社で価格設定から発送までを行い、ユーザーに直接販売するAmazonが価格設定から販売までを行う
メリット・販売価格や発送方法を自由に設定できる
・商品を自由に出品できる
・出店が簡単にできる
・ユーザーの信頼を得やすい
・カートボックスの獲得率が高い
・販売の手間を削減できる
デメリット・信頼を得るまでに時間がかかる
・手数料がかかる
・競合が多い
・価格設定ができない
・卸価格での商品の提供が必要
・発注が止まるおそれがある
向いている商品単価が高い商品向け単価が低い商品向け

Amazonセラーセントラルに利用条件はありませんが、AmazonベンダーセントラルはAmazonに招待されなければ利用できません。

AmazonセラーセントラルとAmazonベンダーセントラルの大きな違いは、自社で商品選定から発送までの販売プロセスを管理して直接ユーザーに販売するか、Amazonに商品を卸して販売を一任するかです。

Amazonベンダーセントラルは、価格設定・梱包・広告配信までをAmazonが行います。販売先がAmazonの表記のため、ユーザーの信頼を獲得しやすいでしょう。

販売プロセスの手間が削減できる点ではメリットですが、自由な価格設定ができないため、利益を最大化できないというデメリットがあります。

Amazonベンダーセントラルについては以下の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

Amazonのセラーとベンダーの違いやそれぞれのメリット・デメリットは以下の記事で解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonセラーセントラルでできること9つ

Amazonセラーセントラルでできることは、以下の9つです。

  • 出品・在庫管理
  • 価格管理
  • 注文管理
  • 広告管理
  • ストアページの作成・管理
  • FBAの登録・管理
  • レポート管理
  • パフォーマンスの確認
  • Amazonテクニカルサポートへの問い合わせ

Amazonセラーセントラルには、さまざまな機能が揃っているため、できることを理解した上で活用することが効率的な店舗運営につながります。

出品・在庫管理

出品・在庫の管理を行うことができます。

出品管理は、カタログタブから編集でき、商品の登録や登録時に不備のある商品も把握できます。内容の不備があり、出品できていない商品がある場合は対応しましょう。

Amazonでは販売時に審査が必要な商品・カテゴリーがあるため、事前に出品申請を行う必要があります。出品申請もAmazonセラーセントラルから行えます。

在庫管理は、在庫タブを選択して行うことが可能です。出品商品の在庫や商品情報の確認・編集をする際に使用します。在庫の情報が把握できるレポート、海外に商品を販売する際に利用するグローバルセリングについて学べるコンテンツも、在庫管理で便利な機能です。

在庫切れは、販売機会の損失だけではなくユーザーの信頼を失ってしまう可能性もあります。どんなに良い商品でも在庫が表示されなければ、ユーザーが購入することはできません。在庫切れにならないために、こまめな在庫管理を徹底しましょう。

価格管理

価格の管理は、価格タブから変更ができます。価格の変更だけではなく、価格設定の健全性・価格の自動設定も可能です。

価格設定の健全性は、適正な価格設定ではないと判断された商品が表示されます。価格設定に問題がある場合は速やかに対応しましょう。

価格の自動設定は、出品商品の価格を自動で変更できる機能です。価格のルールを設定をしておくと、価格調整に費やしていた時間と手間が削減できます

空いた時間を販売促進や集客などの業務に時間を確保でき、効率的に運用できるでしょう。

注文管理

注文管理には注文情報が表示されるため、発送や返品などの管理に役立ちます。注文タブから注文の管理を行うことができます。

商品の受注情報の管理や注文情報の一括変更・返品の管理も可能です。返品を行う際は、注文レポートをダウンロードし、確認用に保管するとよいでしょう。

広告管理

Amazonセラーセントラルでは、広告運用が可能です。広告の管理は、広告タブを選択して行うことができます。

スポンサー広告を設定できるキャンペーンマネージャーなど、売上アップを目指すための機能が豊富です。

公正なレビューを獲得しやすいAmazon Vine 先取りプログラムやタイムセールの設定も広告管理で行います。クーポンやポイントも設定できるので、キャンペーンや新商品発売時に利用すると効果的に集客ができます。

ストアページの作成・管理

Amazonストアを作成したい場合は、ストアタブから「Amazonストア」を選択して編集を行います。

Amazonストアでは、商品ページでは伝えきれていなかった自社ブランドの魅力やこだわりを視覚的に伝えられます。

さらに、商品一覧や特集コンテンツ、セール情報の掲載など、さまざまなプロモーションを行えるため、ユーザーの興味を引き、購買を促進することが可能です。

Amazonストアの作成方法やメリット・活用事例などを詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

FBAの登録・管理

FBA(フルフィルメントby Amazon)の登録・管理を行う場合は、在庫タブを選択しましょう。

FBAは、Amazonが出品者に代わって商品の在庫管理・梱包・出荷・カスタマーサービス・返品処理などの配送業務を担当するサービスです。

出品者は配送業務を行う必要がなく、在庫スペースやコストを削減できます。カートボックスの獲得率アップも期待できるため、配送業務のコストやリソースに課題がある場合は、FBAを利用することをおすすめします。

レポート管理

レポートタブでは、売上や広告に関するレポートを確認できます。純利益の確認や運営の分析に活用できるため確認しましょう。

パフォーマンスの確認

パフォーマンスタブでは、ストアのパフォーマンスを把握できます。

アカウントの健全性や購入者からの商品への評価を確認できるため、数値が悪くなってしまった場合は、早めに原因を確認して対応することが必要です。

Amazonテクニカルサポートへの問い合わせ

運用上のトラブルや不明点などがある場合は、AmazonセラーセントラルのヘルプからAmazonテクニカルサポートに問い合わせできます。

アカウントの健全性は、出品者の今後の対応についてAmazonがコメントを残してくれますが、期限付きの場合が多くそのままにしておくと、最悪の場合アカウントが停止されてしまう可能性があります。必ず確認して見落としを防ぎましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonセラーセントラルの登録方法

次に、Amazonセラーセントラルの登録方法を説明します。登録には書類も必要なため、余裕をもったスケジュールで準備を行いましょう。

準備するもの

Amazonセラーセントラルを利用するためには、出品用アカウントの登録が必要です。

出品用アカウントの登録には、以下の書類を用意しましょう。

準備するもの詳細
本人確認書類・顔写真付き身分証明書行政機関発行のもの、マイナンバーカードは不可
・過去180日以内に発行された取引明細
例:クレジットカードの利用明細書、インターネットバンキング取引明細、預金通帳
※上記のうち1つ必要
・ビジネス用のEメールアドレスまたはAmazonアカウントGmailやYahooメールなどフリーアドレスでも可
・電話番号
・クレジットカード
・Amazonから売上を受け取る銀行口座
事業所登録証明書※法人の場合登記簿謄本
※13桁の法人番号と法人名が記載されているもの
引用元:Amazon本人確認手順|Amazon

登記簿謄本の取得には時間がかかる場合があるため、早めの準備をおすすめします。

登録の手順・流れ

出品用アカウントの登録方法は、法人と個人では異なるため、それぞれ説明します。

法人の場合

  1. 企業情報を入力する
    業種選択で法人を選択すると、企業情報を入力する画面になります。
    登記簿謄本を確認しながら法人番号や住所などを入力します。電話番号は登記されているものでなくても構いませんが、連絡がつながる電話番号を登録しましょう。
  2. 出品者情報を入力する
    運転免許証またはパスポートに記載されている情報を入力しましょう。
  3. マーケットプレイスを選択する
    日本だけにチェックが入っている状態にしましょう。他の国にチェックが入っていると、現地のAmazonに対して本人確認を行わなくてはいけません。
  4. クレジットカード情報を入力する
    クレジットカードの名義は法人・個人どちらでも構いません。
  5. ストア情報を入力する
    ストア情報とは、Amazonで商品を販売する際の店舗名です。購入者に表示される情報のため、適切な名称を入力しましょう。
  6. 必要書類をアップロードする

入力や書類に不備がなければ2、3営業日で承認され、不備があった場合はAmazonから連絡があります。審査が通過できれば、Amazonでの出品が可能になります。

個人の場合

個人の場合、法人の手順にあった企業情報の入力が必要ありません。その他の手順は法人と同じ手順で大丈夫です。

  1. 出品者情報を入力する
  2. マーケットプレイスを選択する
  3. クレジットカード情報を入力する
  4. ストア情報を入力する
  5. 必要書類をアップロードする
Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonセラーセントラル登録時の2つの注意点

Amazonセラーセントラルを登録する際には、2つの注意点に気を付けましょう。

  • 複数のアカウント作成には理由が必要
  • 銀行口座の登録が必要

アカウント停止などのリスクがあるため、登録前に確認してください。

複数のアカウント作成には理由が必要

Amazonセラーセントラルでは、正当な理由がない限り、出品用アカウントは1つしか作成できません。また、アカウントの運用に問題がある場合は、すべてのアカウントが停止されてしまいます。

銀行口座の登録が必要

Amazonでの売上金を受け取るためには、銀行口座の登録が必要です。出品アカウントの開設後に登録を行いましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonセラーセントラルのログイン方法

続いて、Amazonセラーセントラルへのログイン方法を説明します。

ログインには、アカウント登録時に準備したメールアドレス・パスワードの入力が必要です。

ログイン手順は以下の流れになります。

  1. Amazonセラーセントラルのログイン画面を開く
  2. ログイン画面にメールアドレスまたは電話番号、パスワードを入力
  3. ログインできます
Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonセラーセントラルでログインできない7つの原因

Amazonセラーセントラルを利用していく中で、昨日までログインできていたのに、突然ログインできない状況が発生するかもしれません。

ログインできない原因には、ログイン情報の入力間違いなどのケアレスミスからアカウントの乗っ取りなど、第三者から攻撃を受けて発生する原因まで様々なケースが考えられます。

Amazonセラーセントラルでログインできない7つの原因は以下の通りです。

  • ログイン情報の入力間違い
  • メールアドレス・パスワードの変更
  • ブラウザのCookieやキャッシュの蓄積
  • アカウントの停止
  • アカウントの乗っ取り
  • 2段階認証の解除
  • Amazonのシステムエラー

原因と対策をしっかりと理解して、必要なときにすぐログインできるようにしておきましょう。

ログイン情報の入力間違い

ログイン情報が誤っていたり余計な空白が入力されていたりすると、Amazonセラーセントラルにログインできません。アルファベットの大文字・小文字、数字の「イチ」とローマ字の「アイ」など、似ている文字にも注意しましょう

メールアドレス・パスワードの変更

パスワードを再設定する際にメールアドレスが変更されている場合は、アカウント自体が乗っ取られている可能性があります。その場合は、Amazonにメッセージを送り、確認してもらいましょう。

ブラウザのCookieやキャッシュの蓄積

ブラウザ上にCookieやキャッシュが蓄積されていると、Amazonセラーセントラルにログインできない場合があります。Cookieやキャッシュの削除後に端末を再起動することで解決することが多いです。

パソコンでログインできない場合は、スマートフォンやタブレットなどデバイスを変更して確認しましょう。

アカウントの停止

出品用アカウントが停止されている場合は、Amazonセラーセントラルにログインできません。

原因として、規約違反やパフォーマンスの低下が考えられます。出品禁止商品の出品がなかったか、注文欠品率や遅延発送率などが悪くなかったか確認して、原因を特定した上で改善しましょう

アカウントが停止されていると、Amazonからメールで連絡が入るので確認してください。

アカウントの乗っ取り

悪意のある第三者によって不正な操作が行われ、Amazonセラーアカウントを狙った乗っ取りも発生しています。アカウントが乗っ取られた可能性がある場合は、Amazonセラーサポートに報告し、アカウント復旧を依頼しましょう。

再発防止のためにアカウントのパスワード強化やセキュリティソフトの導入、定期的なセキュリティチェックの検討をおすすめします

2段階認証の解除

Amazonの購入用アカウントで2段階認証を解除した場合、セラーアカウントのログイン時に2段階認証の設定を促す表示がされ、ログインできません。

この場合は、購入用アカウントで2段階認証の再設定を行いましょう

Amazonのシステムエラー

Amazon側のシステム障害が発生して、Amazonセラーセントラルのログインができなくなる場合があります。

少し時間が経ってから再度ログインを試み、それでも解決しない場合はAmazonセラーサポートに問い合わせて状況を確認してください

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonセラーセントラルから商品を出品する方法

ここまで、Amazonセラーセントラルの登録準備を説明してきました。

次に、商品を出品する方法を紹介します。

Amazonでは、出品商品がすでに販売されている型番商品か、オリジナル商品かによって登録方法が違うため確認しておきましょう。

Amazonセラーセントラルから商品を出品する方法は2種類あります。それぞれの登録方法の手順は以下になります。

型番商品を相乗り出品する場合

  1. 商品名やJANコード、型番を入力して検索
  2. 商品管理番号・コンディションの登録
  3. 保存して終了

オリジナル商品を出品する場合

  1. セラーセントラルを開き、左上の「≡」をクリック
  2. 「カタログ」から「商品登録」をクリック
  3. 「Amazonで販売されていない商品を追加します」をクリック
  4. 商品情報を入力し、出品を完了

出品商品の登録方法は以下の記事で解説しているため、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonセラーセントラルを利用するための費用・手数料

Amazonセラーセントラルで商品を販売するには、4つの手数料が発生します。

  • 販売手数料
  • 成約料
  • 配送代行手数料
  • 在庫保管手数料

売上だけしか確認せずに、手数料で赤字になってしまったという事態を防ぐためにも手数料を理解した上で価格設定を行いましょう。

販売手数料

販売手数料とは、商品が売れたタイミングで発生する手数料です。商品の金額に対して、カテゴリー別に設定された割合が費用としてかかります。

複数のカテゴリーがある商品は、商品ごとの最低販売手数料が設定されており、カテゴリー別の販売手数料か、商品の最低販売手数料のうち高い方の金額を支払う仕組みです。

成約手数料

Amazonの出品方法で小口出品を選択すると、商品1点ごとに100円の成約手数料が発生します。

さらに、本・DVDなどのメディア商品を販売する場合は、販売手数料だけではなく、商品カテゴリー別の成約手数料も支払わなければいけません

配送代行手数料

FBAを利用する場合には、配送代行手数料がかかります。商品を販売する際の出荷・梱包・配送作業に対して発生する費用です。

FBAを利用せず自分で発送する場合は、FBA手数料がかかりません。商品のサイズや重さによって、小型・標準・大型・特大の4つに分けられた手数料が発生します。

在庫保管手数料

FBAを利用した際に、Amazonに商品を保管・管理してもらうために必要な手数料です。費用は商品のカテゴリーや在庫の保管時期によって異なり、日割りで請求されます

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonセラーセントラルの解約方法

Amazonセラーセントラルの解約は、セラーセントラルの設定から行えます。

  1. セラーセントラルの「設定」から「出品用アカウント情報」をクリック
  2. 「アカウントを閉じる」をクリック
  3. 「アカウントの解約をリクエストする」をクリック
  4. Amazonからアカウント解約完了のメールが届いたら、解約手続きが完了

解約の際には、販売実績が白紙になり、元に戻すことができません。一時的な解約の場合は、検討した上で行うようにしましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonセラーセントラルを活用して店舗運営に役立てよう

Amazonセラーセントラルは、販売に必要な機能だけでなく、売上レポートなど効率的に店舗運営を行う情報が揃っています。出品・在庫管理、注文管理などすべての管理機能が備わっているため、日々の運用で効果的に活用しましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、ブランドのポテンシャルを最大限に引き出す運用代行・コンサルティング会社です。

転売対策や広告運用など各分野の精通したスペシャリストが在籍し、少数精鋭のプロが結集したチーム体制で、売上・利益アップやブランド価値の向上を実現します。

フル運用代行はもちろん、広告運用や転売対策など課題に対するピンポイントなご依頼も可能です。サービス内容や事例、費用などは以下のページにまとめているため、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次