WEBマーケティングに強い注目の企業7社を厳選!選び方も解説

「もっとサービス(商品)の認知度を高めたい」「これまでの営業活動に限界を感じている」「新規顧客の開拓の幅を広げたい」と思っても、どうしたら良いか分からない。

そんな悩みを抱えている経営者、担当者の方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、上記のような悩みを解決するためのWebマーケティングについて詳しく解説し、Webマーケティングに関するコンサルティングを提供しているおすすめの起用を厳選して紹介していきたいと思います。

マーケティング会社を選ぶ際の選び方も解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

Webマーケティングとは?期待できる効果を確認

Webマーケティングとは?期待できる効果を確認

インターネットの普及に伴い、Webを活用したマーケティングは企業にとって必要不可欠です。

ただし、一口でWebマーケティングと言っても、その内容は以下の通り大きく3つに分類できます。

  • 自社メディアへの集客を目的とするWebマーケティング施策
  • 自社メディア内でのCVR(成約率)向上を目的とするWebマーケティング施策
  • 顧客の再訪やフォロー、教育を目的とするWebマーケティング

目的によって具体的な施策内容が異なりますので、まずは自社が弱いポイントを把握し、どんな対策を行えばいいのかを整理しておきましょう。

自社メディアへの集客を目的とするWebマーケティング施策

自社の売上を伸ばすために、「集客」は欠かせません。この点はインターネットの世界でも共通で、まずは自社メディアに見込み客を呼び込むための仕組みを構築する必要があります

そのための具体的な施策は、以下の2つ。検索結果の上位表示を狙い無料でアクセスを集めるか、広告を打って有料でアクセスを買うかに分類可能です。

  • SEO
  • 広告

SEO

SEOはSearch Engine Optimizationの略称で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」という意味です。

見込み客がGoogleやYahoo!といった検索エンジンで検索するであろうキーワードで上位表示できれば、そこから自社メディアへの集客が期待できます。

特定の検索意図を持った検索者の流入が期待できるため、商品やサービスの購入に近いキーワードで上位表示できれば売上にもつながりやすく、広告費用も掛からないため非常にコストパフォーマンスが高い施策と言えます。

ただし、マネタイズに繋がりやすいキーワードほどライバルサイトも強く、上位表示は容易ではありません。

本格的にSEOで結果を出すためには、SEOのプロに相談しながら自社オウンドメディアをしっかりと構築する必要があります。

以下の記事で、SEOに強い企業やオウンドメディアの成功事例を厳選してご紹介していますので、こちらも合わせて参考にしてください。

SEO対策会社のおすすめ10社を厳選紹介!選び方のポイントも解説 オウンドメディアの成功事例10選!運用目的とマネタイズ方法も解説

広告

SEOが検索結果で上位表示したキーワードからの自然流入を狙うのに対し、自社メディアへの流入をお金で買うのが「広告」です。

Webマーケティング初期は検索エンジンの検索結果に広告を出すリスティング広告が主流でしたが、SNSなどの普及に伴い、広告の形態も多様化してきました。

現在は、以下のような広告が主流となっています。

広告の種類 特徴
リスティング広告 検索エンジンの検索結果に表示する広告のことで、キーワードによって広告単価が異なります。SEOがコンテンツの評価に伴う自然な順位の上昇を目指すのに対し、「検索結果の順位を買う」のがリスティング広告です。
アドネットワーク広告 インターネット上の様々なメディアにディスプレイ広告(バナー広告やテキスト広告)を配信する形態の広告です。Googleディスプレイネットワーク(GDN)・Yahoo!ディスプレイ広告(YDA)などのプラットフォームを利用することで、一括配信が可能。特定のKWを狙うリスティング広告よりも多くの層にリーチできます
SNS広告 FacebookやYouTubeといったSNSに配信する広告のことです。年齢や性別、地域や興味関心といったSNSならではの属性によるセグメントが可能で、特定のターゲットを対する広告配信が可能となっています。
アフィリエイト広告 成果報酬型の広告で、ASP(アフィエイトサービスプロバイダ)に登録したブロガーやサイト運営者に自社商品・自社サービスを紹介してもらい、申し込みや資料請求といった一定のアクションに繋がった場合に広告料金が発生します。近年は大手企業が運営するメディアも積極的にアフィリエイト収入を獲得する傾向にあり、成長している市場の一つです。

広告による集客はSEOに比べて結果が出るまでの期間が早いというメリットがある反面、費用対効果が合わずに終わってしまうリスクもあります。

また、配信する広告の種類も、テキスト・バナー・動画と様々。近年はSNSなどを対象に動画広告に取り組む企業も増えてきましたが、クリエイティブの品質も問われるため、やはり導入のためにはプロに相談するのがおすすめです。

自社メディア内でのCVR(成約率)向上を目的とするWebマーケティング施策

SEOや広告によって見込み客の集客に成功したら、「いかに自社商品・自社サービスへの申し込みを増やすか」が次の課題です。

そのために行う施策が、以下の2点となります。

  • LPO
  • EFO

LPO

LPOとは、「ランディングページ最適化」を意味する言葉です。

LP(ランディングページ)の本来の意味は「訪問者が最初に訪れたページ」となりますが、Webマーケティングの世界では「申し込みや資料請求など訪問者に何らかのアクションを起こしてもらうページ」のことを表します。

LPの出来が悪ければ訪問者は何のアクションも起こさずに離脱しますし、LPの出来が良ければ何らかの申し込みをしてくれます。つまり、成果の獲得に非常に重要な役割を持っているのがLPというわけです。

そして、そのLPを最適化し、CVR(成約率)を高めるための施策がLPOです。

ヒートマップによるユーザー動向の分析やABテストによる仮説と検証を繰り返しなど専門的な知識が必要となりますが、集客を売上に変えるために必要な施策ですので、ぜひ力を入れましょう。

EFO

EFOとは、「エントリーフォーム最適化」を意味する言葉です。

役割としてはLPOに近く、LPから申し込みフォームを表示させた訪問者が、申し込みをフォームが分かりづらい・面倒といった理由で離脱してしまうのを防ぐことが、EFOの目的となります。

顧客の再訪やフォロー、教育を目的とするWebマーケティング

集客とCVRの向上に成功すれば売上は上がりますが、既存顧客との接触回数を増やしてリピーターになってもらう・購入まで至らなかった見込み客に再度自社メディアに再訪してもらうことで、売上の取りこぼしが無くなります。

そういった目的で行うのが、以下の2つの施策です。

  • メールマーケティング
  • リターゲティング広告

メールマーケティング

フォローやキャンペーンの告知など、すでに顧客となった方たちにリピート申し込みのきっかけを与えることができます。

また、メールアドレスの登録を条件に無料プレゼントを用意することで見込み客を獲得し、メルマガ配信によって購入に繋げることも可能です。

全員に同一のメールを送るのではなく、セグメントを分けて内容を変えるなどの自由度もあります。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、自社メディアに訪問履歴がある見込み客を対象に広告を配信する仕組みのことです。

過去に訪問履歴があるということは、自社の商品やサービスに一定の興味を持っていると判断できます。

そのため、全くの新規顧客を対象に広告を配信するよりも効率が良いという特徴があります。

マーケティング会社の選び方のポイント

マーケティング会社の選び方のポイント

上記でWebマーケティングの3つの目的と具体的な施策をご紹介しましたが、いずれの施策も成功のためには専門知識が必要です。

そこで活用すべきなのが外部のマーケティング会社なのですが、「規模が大きい」「知名度が高い」といった理由で選ぶと失敗することがあります。なぜなら、それらのマーケティング会社が自社に合うとは限らないためです。

Webマーケティングを外部企業に依頼する際は、以下の点を確認することを忘れないでください。

  • サービス内容を確認する
  • 過去の実績を確認する
  • コミュニケーションの取りやすさ

サービス内容を確認する

上記でご紹介したように、Webマーケティング目的・手法は様々です。

まずは、自社の弱点は何か。その弱点を克服するためにはどんな施策が必要なのか。そして、最終的にどんなゴールを目指しているのかという点を明確にしましょう。

そのうえで、そのニーズに応えてくれるサービスを提供している会社を選ぶのが、失敗しないポイントです。

過去の実績を確認する

気になった企業の実績は必ずチェックし、「自社が目指しているゴールに近い成功実績」があるかどうかを確認します。

マーケティング会社は取引先企業名だけでなく、施策前と施策後の効果など、詳細な実績紹介を行っていることが多いです。

実績を見れば、その企業がどんなマーケティングに力を入れているのか、大企業が向いている、中小企業の支援を得意としているかなどの特徴も確認することができます

コミュニケーションの取りやすさ

「レスポンスは早いか」「説明は分かりやすいか」「相性が良いか」など、コミュニケーションが取りやすいかどうかも本契約前に必ずチェックしてください。

マーケティングの支援を依頼する際、担当者とのコミュニケーションはとても重要です

なかには、説明の際に、相手の理解度を何も考えず専門用語ばかり使う人もいますが、専門用語ばかり言われても何も伝わってきませんよね。

相手に伝える努力をしない担当者のいる会社は、おすすめできません。

おすすめ!マーケティングに強い注目の企業7選

おすすめ!マーケティングに強い注目の企業7選

それでは、ここからはマーケティングに強いと注目されているおすすめ企業をご紹介していきます。

会社名 特徴
株式会社イノーバ コンテンツマーケティングのリーディングカンパニー
株式会社 アイ・エム・ジェイ 世界最大級の総合コンサルティング会社アクセンチュアグループ
株式会社アイレップ 企業が抱える本質的な課題を見つけ出すことも得意
ナイル株式会社 独自のSEOノウハウを生かしたサービスを提供
株式会社リブ・コンサルティング 成果にこだわったコンサルティング
株式会社MOLTS クライアントの「事業成長」を第一に考えて支援を実施
株式会社abcompany 顧客のニーズに合わせてコンテンツマーケティングとSEOの施策を提案

株式会社イノーバ


・出典:株式会社イノーバ

会社名 株式会社イノーバ
本社所在地 東京都文京区後楽二丁目2-23 住友不動産飯田橋ビル2号館5F
電話番号 03-4405-7431
提供サービス コンテンツ制作
サイト制作
BtoB“まるごとおまかせ”サービス
オウンドメディアスタートパック
B2B企業の商談創出特化型サイト制作
設立年 2011年6月
実績 https://innova-jp.com/case-studies/

株式会社イノーバでは、潜在顧客の集客・見込み顧客情報の取得から、見込み顧客の育成、商談の創出までをトータルサポートするマーケティング会社です。

制作をまるごと任せることも可能なので、成果が出やすいという特徴があります。

これまでの支援実績は500社以上。特に、BtoB業界向けのサービスや実績が多く、専門コンテンツの制作も得意としています。コンテンツマーケティングのリーディングカンパニーとして知名度が高い企業です。

⇒公式HPを確認する

株式会社 アイ・エム・ジェイ


・出典:株式会社 アイ・エム・ジェイ

会社名 株式会社アイ・エム・ジェイ
本社所在地 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル9F
電話番号 提供するサービスのお問い合わせ 03-6436-5538
その他のお問い合わせ 03-3588-3900
取材広報に関するお問い合わせ03-6436-5525
提供サービス 戦略的デザイン手法による企業ブランドの価値向上
企業内活動の一貫化のためのスキーム構築
コンテンツ制作
各種プラットフォームの設計・構築・導入・運用
設立年 1996年7月
実績 https://www.imjp.co.jp/works/

株式会社アイ・エム・ジェイは、調査分析による「課題発見」から、戦略立案、設計、構築、PDCA運用、データ分析・解析による「課題解決」までをワンストップで支援しています

2016年4月から世界最大級の総合コンサルティング会社であるアクセンチュアグループの一員となり、さらなるデジタルマーケティング領域支援の拡大が期待されている企業です。

⇒公式HPを確認する

株式会社アイレップ


・出典:株式会社アイレップ

会社名 株式会社アイレップ
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
電話番号 03-5475-2720(代)
提供サービス マーケティング戦略立案
オン・オフライン統合調査
広告・SEO施策
メール・SNS配信
クリエイティブコンテンツ制作
CRM/MA運用
DMP導入支援
設立年 1997年11月
実績 https://www.irep.co.jp/case/

株式会社アイレップは、これまでインターネット広告やSEOで多くの成果を上げてきている企業ですが、それだけにとどまらず、企業が抱える本質的な課題を見つけ出すことも得意としています。

具体的な計画を示し、明確な数値目標を設定し、有効な施策を打ち出し、自ら実行し結果出すことで、課題を解決に導きます

⇒公式HPを確認する

ナイル株式会社


・出典:ナイル株式会社

会社名 ナイル株式会社
本社所在地 東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル7F
電話番号 03-6409-6766(代)
提供サービス デジタルマーケティング事業
メディアテクノロジー事業
モビリティサービス事業
設立年 2007年1月
実績 https://www.seohacks.net/case/(SEO・Webコンサルティング事例)https://cont-hub.com/case/(コンテンツ制作・マーケティング事例)

ナイル株式会社はデジタルマーケティング事業の大手企業で、独自のSEOノウハウを強みに、SEO/Webコンサルティングやコンテンツマーケティング、ユーザー解析に基づくWebサイト改善コンサルティングを提供しています。

Webマーケティングの中でもSEOに強みを持っており、「ナイルのSEO相談室」「Conent Hub」という2つのオウンドメディアで最新の情報も提供しているのも特徴です

両メディア内では、クライアントの事例も紹介されています。

⇒公式HPを確認する

株式会社リブ・コンサルティング


・出典:株式会社リブ・コンサルティング

会社名 株式会社リブ・コンサルティング
本社所在地 東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア ウエストタワー 19F/20F
電話番号 03-5220-2688
提供サービス 総合経営コンサルティング業務
企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
設立年 2012年7月
実績 https://www.libcon.co.jp/theme/marketing/

株式会社リブ・コンサルティングは、戦略・組織・オペレーションの領域全てをカバーするマーケティング会社です。

成果にこだわったコンサルティングを中心に、デジタルマーケティング分野も支援。

マーケティング領域だけでなく、営業活動においても「採用」「育成」「マネジメント」領域でデジタル化の支援をしており、Webマーケティングの枠を超えてデジタル化を進めたい企業におすすめです。

⇒公式HPを確認する

株式会社MOLTS

株式会社MOLTS
・出典:株式会社MOLTS

会社名 株式会社MOLTS
本社所在地 東京都港区新橋5-35-8 水野ビル2F
電話番号
提供サービス コンテンツマーケティング
オウンドメディア
SEO
各種広告
クリエイティブ制作ほか
設立年 2016年3月
実績 https://moltsinc.co.jp/project

株式会社MOLTSは、デジタルマーケティングエージェンシーとして、様々な領域の支援を行なっています。

単にマーケティング施策を導入するのではなく、クライアントの「事業成長」を第一に考え、本質的なデジタルマーケティングの戦略立案・設計から最適な施策展開を各領域のプロフェッショナルが提供

これまで多くの企業の支援を実施し、高い評価を得ています。

⇒公式HPを確認する

株式会社abcompany

株式会社abcompany
・出典:株式会社abcompany

会社名 株式会社abcompany
本社所在地 【新宿オフィス】東京都新宿区4-3-15 レイフラット新宿B棟3F 
【千駄ヶ谷オフィス】東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1F
電話番号
提供サービス SEO
コンテンツマーケティング
オウンドメディア
設立年 2018年3月
実績 https://www.abcompany.co.jp/media

株式会社abcompanyは、パッケージサービスではなく、顧客のニーズに合わせてコンテンツマーケティングとSEOの施策を提案。課題に対して成果コミット型のため、納品後の改善と成長フォローに力を入れています。

少数精鋭で営業部隊が存在せず、ディレクターが直接顧客とコミュニケーションを取りながら進めていくスタイルが、顧客満足度の高さに繋がっています

⇒公式HPを確認する

マーケティング会社に依頼する際の注意点

マーケティング会社に依頼する際の注意点

最後に、マーケティング会社に依頼する際の注意点も確認しておきましょう。

依頼目的を明確にし、目指すゴールを決めておく

何のために支援を依頼するのか、支援によってどのようなゴールを目指しているのかを明確にし、社内の関係者間で共有しておきましょう。

進捗情報をマーケティング会社担当者・社内の関係者と共有する

マーケティングは支援が長期に渡ることが多いです。そして長期になればなる程、中弛みが生じやすくなります。

そうならないためにも、定期的にマーケティング会社と進捗情報を共有する場を設けましょう。進捗情報は自社内の関係者との共有も忘れないようにしてください。

まとめ

まとめ

Webマーケティングに強いと注目されている企業を厳選してご紹介しましたが、自社に適していそうなマーケティング会社は見つかりましたか?

気になる企業があれば、ぜひ一度相談してみましょう。

その際は、最初に御社が強化したい領域を明確化し、そのジャンルに強いマーケティング会社を選んでください。選び方のポイントも参考にして、より自社に合うマーケティング会社を選択してくださいね。

この記事でご紹介したWebマーケティングに強い企業7社

会社名 特徴
株式会社イノーバ コンテンツマーケティングのリーディングカンパニー
株式会社 アイ・エム・ジェイ 世界最大級の総合コンサルティング会社アクセンチュアグループ
株式会社アイレップ 企業が抱える本質的な課題を見つけ出すことも得意
ナイル株式会社 独自のSEOノウハウを生かしたサービスを提供
株式会社リブ・コンサルティング 成果にこだわったコンサルティング
株式会社MOLTS クライアントの「事業成長」を第一に考えて支援を実施
株式会社abcompany 顧客のニーズに合わせてコンテンツマーケティングとSEOの施策を提案