飛び込み営業が時代遅れな理由4選!効率的な営業手法も紹介

飛び込み営業は、昔から多くの企業で採用されている営業手法ですが、近年では飛び込み営業を「時代遅れ」だと指摘する人がいます。

飛び込み営業を実践している会社にとって、「時代遅れ」だと聞くと不安な気持ちになりますよね。

そこで、本記事では飛び込み営業が時代遅れだと言われる理由や、今らしい効果的な営業手法などをご紹介します。

読み終えれば、飛び込み営業がなぜ時代遅れだと言われているのか、今の時代に合った営業手法はどのようなものなのか、深く理解できます。

ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

オウンドメディア運用代行なら「abcompany」におまかせください!

abcompanyでは、オウンドメディアの構築・運営代行を中心に承っており、大手上場企業からベンチャー企業まで、数多くの実績があり、0からのオウンドメディア構築支援の経験も非常に豊富です。

「既存のWebサイト運用が上手くいっていない」「オウンドメディア運用して検索からお問い合わせが欲しい」などのお悩み等ございましたら、弊社担当者による無料相談も承っているので、ぜひお気軽にご相談ください。

目次

飛び込み営業が時代遅れな4つの理由

この項では、飛び込み営業が時代遅れだと言われる理由を4つご紹介します。

成果を上げにくく効率が悪い

飛び込み営業では1日に何十社も訪問する必要があるうえ、話を聞いてもらえないことも多いため、1件の契約をとるのに膨大な時間がかかります。

そのため、SNSやメールを使って一気に多くの顧客へ情報発信する方法に比べ、効率が悪いと言えます。

時間がかかる割に成果を上げにくく効率が悪い点は、飛び込み営業が時代遅れだと言われる理由のひとつです。

インターネット上での営業で事足りる

インターネットが普及している現代において、顧客に自社製品の情報を届ける手段は、メール・SNS・オウンドメディアなどたくさんあります。

実際に、飛び込み営業をしなくても、インターネットを駆使した営業で集客に成功している企業は多く存在します。

顧客にとっても、アポイントもなくいきなり会社に訪問されるよりもインターネット上で営業されるほうが、抵抗感が少ないと考えられます。

以上のことから、飛び込み営業が時代遅れだと言われる理由として、インターネット上での営業で事足りる点が挙げられます。

営業担当の精神的な負担が大きい

飛び込み営業は、新入社員に社会の厳しさを教育する目的で実施されることもあるほど、精神的な負担の大きい営業手法です。

心を込めて挨拶をしても、冷たくあしらわれて門前払いとなったり、場合によっては迷惑だとお叱りを受けることもあるでしょう。

飛び込み営業によって営業担当が過度な精神的負担を抱えてしまうと、離職率が高まる原因にもなり得ます。

営業担当の精神的な負担が大きい点は、飛び込み営業が時代遅れだと言われる理由のひとつです。

訪問先の顧客にとって迷惑となる

アポイントもなくいきなり商品を売り込むために押しかけられては、訪問先の顧客にとって迷惑です。

たまたまニーズがあれば良いものの、忙しいなかで時間を割いて、興味のない商品の話を聞かされるのは苦痛でしょう。

最悪の場合、会社へのクレームに発展したり、二度と商品を購入して貰えなくなることもあります。

訪問先の顧客にとって迷惑となる点も、飛び込み営業が時代遅れだと言われる理由だと言えます。

飛び込み営業から効率的な営業手法に切り替えよう!

ここまで、飛び込み営業が時代遅れだと言われている理由を説明してきました。

しかし、飛び込み営業以外にどのように顧客にアプローチするべきかわからない人もいるでしょう。

そこで、この項では成約につながる効率的な営業手法をご紹介します。

飛び込み営業が無駄というわけではない

飛び込み営業が時代遅れな理由をご説明しましたが、すべての飛び込み営業が悪いというわけではありません。

実際に、飛び込み営業を実施している会社のなかには、成果を上げているところもあります。

成約率を高める工夫を施せば、飛び込み営業を効率的に行うことも十分可能なのです。

感度の高い見込み顧客を狙えば飛び込み営業の成約率も上がる

飛び込み営業の成約率を高める具体的な方法は、感度の高い見込み顧客を狙うことです。

営業担当がどれだけ優れた営業トークを繰り広げても、顧客の感度が低ければなかなか響かず、成約には至らないことがほとんどでしょう。

一方、感度の高い見込み顧客に対して飛び込み営業を行えば、多少忙しくても時間を作って話を聞いてくれるかもしれません。

飛び込み営業を効率的に行うためには、購買意欲の高い顧客をリストアップすることが大切なのです。

見込み顧客を集めるにはインバウンドマーケティングがおすすめ

感度の高い見込み顧客を集めるのが大切だと言われても、その方法が分からなければ、行動に移せませんよね。

見込み顧客集めに一番おすすめな方法は、インバウンドマーケティングです。

インバウンドマーケティングとは、こちらから営業をかけるのではなく、ユーザー自身に商品を発見してもらう手法のことです。

顧客が求めるであろう情報を用意しておくことで、自社製品を知ってもらうきっかけを作れるうえ、見込み顧客を集められます。

インバウンドマーケティングを実践するメリット

ここでは、インバウンドマーケティングを実施するメリットを3つご紹介します。

顧客に好印象を抱かせやすい

先述した通り、顧客が忙しいタイミングで飛び込み営業をしてしまうと、迷惑だと思われたり怒らせてしまう場合があります。

一方で、インバウンドマーケティングは、顧客の不安や疑問を解決できるため、迷惑どころか好印象を抱かれやすいです。

場合によっては、「飛び込み営業を行う前にすでに自社のファンに育っていた」ということも起こり得るでしょう。

顧客に好印象を抱かせやすい点は、インバウンドマーケティングを実施するメリットのひとつです。

顧客データが蓄積される

新聞・テレビ・ラジオなどで広告を掲載する場合、誰がいつ閲覧しているのか、どんな反応を示しているのかを測定することはできません。

しかしインバウンドマーケティングなら、いつどんな顧客がコンテンツを閲覧したか、滞在時間はどれくらいか、閲覧後のどのような動きを見せたかを測定できます。

インバウンドマーケティングを長く続けるほどたくさんの顧客データが蓄積されるため、改良を重ねてより良質なコンテンツを作成できるのです。

営業担当が負担に感じにくくなる

感度の低い企業に飛び込み営業をすると、顧客を怒らせてしまい営業担当が心理的負担を感じることがあります。

インバウンドマーケティングを通じて、感度の高い顧客をリストアップした上で飛び込み営業をすれば、営業担当の心理的負担は軽減されるでしょう。

営業担当の負担が強まると退職のきっかけにもなりかねないため、営業担当が負担に感じにくくなる点もインバウンドマーケティングを実践するメリットです。

インバウンドマーケティングをするなら「オウンドメディア運営」がおすすめな5つの理由

インバウンドマーケティングを実践したいと思っていても、やり方が分からず困っている人もいるでしょう。

ここでは、オウンドメディアの運営がおすすめな理由を、5つほどご紹介します。

「見込み顧客」を獲得できる

オウンドメディアには、自社製品を紹介するコンテンツ以外にも、悩みや不安を解消するためのお役立ちコンテンツを盛り込めます。

お役立ちコンテンツを豊富に用意しておけば、継続的にオウンドメディアに訪問して貰うことも可能です。

良質なオウンドメディアを運営すれば、直近のニーズがない顧客も、見込み顧客として囲い込めるのです。

企業ブランディングができる

競合の多い業界ほど、自社製品を多くの顧客に選んでもらうためには、他社との差別化が重要です。

オウンドメディアでは、テキスト・画像・動画・デザインなどを駆使して、自社製品の魅力や製品に込めた想いなどを自由に発信できます。

オウンドメディアに訪問した顧客は、視覚的に企業の理念や商品の特徴などを把握できるでしょう。

自由度高く企業のブランディングができる点も、オウンドメディアを運営するメリットのひとつとして挙げられます。

商談時に資料として顧客に提示できる

製品の特徴や企業の理念などがわかりやすくまとめられたオウンドメディアは、営業担当が顧客と商談する際にも資料として使えます。

顧客にとって、口頭で説明を受けるだけよりも、見やすい資料を閲覧するほうが理解しやすくなります。

また営業担当にとっても、オウンドメディアがあることで自社製品への認識を固められるため、より営業活動がしやすくなるでしょう。

オウンドメディアを商談時に資料として提示できる点は、顧客にとっても営業担当にとってもメリットだと言えます。

既存顧客の愛着を深められる

オウンドメディアは見込み顧客に対してだけではなく、既存顧客に対してアプローチする方法としても有効です。

製品の作成過程や製品に込めた想いをコンテンツ化することで、すでに自社製品を愛用している顧客に、愛着を深めてもらうことに繋がります。

既存顧客の愛着を深められればリピーター獲得や口コミなどの効果も期待できるため、オウンドメディアを運営するメリットとなります。

顧客から信頼されやすくなる

どんなに素晴らしい製品を開発していたとしても、古めかしいメディアを運営していては「この会社の製品を使って大丈夫かな?」と顧客を不安にさせてしまいます。

一方、聞いたことのない社名でも、クオリティの高いオウンドメディアを運営しているとわかれば、企業への信頼感は高まるでしょう。

信頼できる企業だと顧客から認識されることは、売り上げの向上につながるため、オウンドメディアを運営するメリットのひとつです。

まとめ | 時代遅れな飛び込み営業はやめてオウンドメディアを活用しよう!

本記事では、飛び込み営業が時代遅れだと言われる理由や、今の時代らしい営業手法について解説しました。

飛び込み営業は、効率の悪さや営業担当への精神的負担などから、時代遅れな営業手法だと言われています。

しかし、オウンドメディアによるインバウンドマーケティングを行い、見込み顧客を育てたうえで飛び込み営業を行えば、成約率を上げることは可能です。

飛び込み営業を実施しているものの効果が出ず悩んでいる会社は、ぜひ本記事で紹介した内容を参考に、時代に合った方法で営業してみてくださいね。

オウンドメディア運用代行なら「abcompany」におまかせください!

abcompanyでは、オウンドメディアの構築・運営代行を中心に承っており、大手上場企業からベンチャー企業まで、数多くの実績があり、0からのオウンドメディア構築支援の経験も非常に豊富です。

「既存のWebサイト運用が上手くいっていない」「オウンドメディア運用して検索からお問い合わせが欲しい」などのお悩み等ございましたら、弊社担当者による無料相談も承っているので、ぜひお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MARKENOTE編集長。Webライターからキャリアをスタートし、現在は各種メディアでのオウンドメディア構築・運用支援を担当。コンテンツマーケティングで悩むすべての人の助けとなる情報を提供します。

目次
閉じる