記事作成代行サービスのおすすめ業者5選!メリット・流れなど徹底解説

自社のWebメディアのコンテンツを充実させるために、記事作成代行サービスを使う企業が増えています。

しかし、記事作成代行サービスに興味があっても、利用の流れや具体的なメリットが分からずに困っている方もいるでしょう。

そこで本記事では、記事作成代行サービスのメリットやデメリット、利用の流れ、おすすめのサービス5選について、ご紹介します。

読み終えれば、記事作成代行サービスについて深く理解できるため、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

記事作成代行サービスとは?

記事作成代行サービスとは、Webコンテンツ内に記事作成を代行してくれるサービスのこと。

オウンドメディアなどのWebコンテンツを活用し、マーケティングを推進する企業が増えているため、記事作成代行サービスの需要も高まっています。

作成してくれる記事の品質や値段は代行会社によって様々ですが、基本的に値段が高いほど高品質に、安いほど低品質になりがち。

厳選した高品質な記事が欲しい場合は高単価な代行会社に、多少品質が劣っても安く大量の記事を用意したい場合は低単価な代行業者に頼むと良いでしょう。

記事作成代行サービスを利用する際の流れ

ここでは、記事作成代行サービスを利用した際の流れをご紹介します。

STEP
キーワード選定

まずは、公開した記事をインターネットの検索結果で上位表示させるために、キーワード選定を行います。

キーワード選定とは、ユーザーが検索するキーワードを選ぶこと。

検索需要のなさすぎるキーワードを選定してしまったり、競合サイトが多すぎるキーワードを選定してしまったりすると、上位に表示させられる可能性は下がります。

記事が検索結果で上位に表示されるほど閲覧される可能性も高くなるため、メディアのPV数を増加させるためには適切なキーワード選定が重要です。

STEP
ライターの手配

キーワード選定を終えたあとは、記事の執筆作業をしてくれるライターの手配をしてもらいます。

クラウドソーシング型のサービスを使う際には、案件の投稿やライターの選定、ライターとのやり取りなどをすべて行う必要があります。

また、お願いするライターを選んだあとの指示方法も、記事の品質を大きく左右するポイントのひとつ。

記事の方向性や、読者のターゲット、表記ルールなど、あらかじめ具体的な指示をすることで、思い通りの記事を仕上げてもらえるでしょう。

STEP
記事作成

いよいよ、ライターに記事を作成してもらいます。

契約内容によっては、記事の執筆だけではなく、構成の画像の選定やイラストの制作、文字装飾なども任せられることも。

定期的にライターに進捗を確認しながら、予め決めた納期に間に合うよう進めていきましょう。

STEP
出来上がった記事のチェック

ライターが記事の執筆を終えたら、内容を確認しましょう。

誤字や脱字が多かったり、内容に誤りがあるとユーザーの信頼を失うことになりかねません。

また、コピペだらけの記事を公開してしまうと、サイト全体の価値を下げてしまいます。

誤字脱字はないか、表記ルール違反はないか、コピペをしていないか、内容に誤りはないかなど、様々な観点から記事をチェックしていく必要があります。

必要に応じてライターへ修正依頼をし、記事を完成させます。

STEP
記事入稿

記事が出来上がったら、入稿作業です。

ライターに依頼していない場合、画像選定や文字装飾などもここで行います。

一度公開した記事はあとから修正できるので、情報が変化したり新しくなったりしたら、その都度記事を改良する必要があります。

記事作成代行サービスを使うメリット

ここまで、記事作成代行サービスの利用の流れを見てきました。

記事作成代行サービスを使うか検討するうえで、メリットを把握しておきたい人もいるでしょう。

そこで、この項では記事作成代行サービスを使うメリットを5つご紹介します。

SEO対策を施した記事を制作して貰える

制作した記事を検索結果で上位表示させるには、SEO対策を施す必要があります。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で「検索エンジン最適化」という意味。

Googleなどの検索エンジンが表示順位を決めているアルゴリズムを理解し、上位表示されやすい構成や画像を作成することをSEO対策と言います。

SEOに関する専門知識を持っている記事作成代行サービスを使えば、記事を上位表示させやすいというメリットを享受できます。

社内で人員を確保する必要がない

記事を1から作成し入稿するには、思っている以上に時間がかかります。

特に大量の記事を短期間で作りたい場合、社内の人員が記事作成をしていては、他の業務が滞ってしまう可能性も。

その点記事作成代行サービスを使えば、社内の人的リソースを利用することなく、たくさんの記事を作成できます。

記事作成は外部のライターに任せて、社内で働く人は本業に注力できる点も、記事作成代行サービスを使うメリットのひとつ。

専門性の高い内容の記事も依頼できる

金融関係や不動産関係を始めとする、高度な専門知識が必要な記事を作成するのはとても大変なことです。

その分野への知見が浅い人が記事を作ろうとすると、専門性や正確性に書けてしまう危険性も。

その点記事作成代行サービスを使えば、専門知識を持つライターを選定することも可能です。

専門性の高い記事を作って貰える点は、記事作成代行サービスを使うメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

短期間でたくさんの記事を入稿できる

Webマーケティングを高速に進めるために、短期間で大量の記事を用意したい場合もあるでしょう。

しかし、他の業務もある社内の人員を記事制作に充てていては、一気に大量の記事を作ることは難しいです。

記事作成代行サービスを使えば、記事執筆を専業とするライターに任せられるため、短期間でたくさんの記事を作ってもらえます。

費用を抑えて記事を依頼することも可能

記事作成代行サービスを使って、費用を抑えて記事を依頼することも可能です。

業者によっては、1文字0.7円などの低価格でライターにお願いできることも。

なるべく低価格で記事を量産したい企業にとって、メリットとなり得るでしょう。

ただし、費用が安くなるほど専門性や記事の品質は劣る傾向にあるため、予算・品質を考慮し、ベストな記事作成代行サービスを選んでくださいね。

記事作成代行サービスを使うデメリット

記事作成代行サービスには、さまざまなメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

この項では、記事作成代行サービスを使うデメリットを2つご紹介します。

代行業者によって品質にバラつきがある

一言で記事作成代行サービスと言っても、代行業者によって出来上がる記事の品質や価格はさまざま。

なかには、思っていたよりもクオリティの低い記事が上ってくることもあるでしょう。

とにかく高品質な記事が欲しい企業にとっては、代行業者の見極めが必要な点はデメリットだといえます。

納期に間に合わない場合もある

せっかく記事を公開するなら、予定していた通りのタイミングで公開したいものですよね。

しかし記事作成代行サービスに依頼する場合、ライター・代行会社の都合や予期せぬトラブルによって、納品が遅れてしまうこともあります。

余裕を持った納期を設定すれば、万が一納期に遅れてしまっても対応できるでしょう。

【2022年最新】おすすめ記事作成代行サービス5選

記事作成代行サービスに興味があっても、たくさんある中からどのサービスを選べばいいか迷う方もいるはず。

ここでは、おすすめの記事作成代行サービス5選を特徴・おすすめポイント共にご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

abcompany

当メディア「マーケノート」の運営会社でもある、弊社(株式会社abcompany)でも、記事作成代行を承っています。

コンセプト設計やキーワード選定ではデータ分析にだけ頼るのではなく、ユーザー視点でのトレンドを意識。

Googleのアルゴリズムを理解したうえで上表示されることも大切ですが、何よりもユーザーに貢献する記事を作成することを心がけています。

また最大の特徴として、料金設定の柔軟性が非常に高く、予算によって柔軟に施策内容・料金を決められるというメリットがあります。

無料でお見積りを提出することも可能なので、ぜひコンテンツマーケティングでお困りの方は、弊社までご気軽にご相談ください。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサービスであるクラウドワークスは、ライター在籍数が多いところが最大の魅力。

国内シェア、取引額、ユーザー数の3つの指標でNO.1の実績があるため、安心して使えるサービスだと言えるでしょう。

ただし、クラウドソーシング型のサービスには経験値の異なるさまざまなライターがいるため、スキルを見抜いて取捨選択する必要があります。

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムは記事作成代行サービスのなかでも歴史が長く、2011年から開始されたサービスです。

すでに400社以上との取引実績があるため、記事作成代行サービスの利用に不安を抱いている方にもおすすめ。

記事作成が予定通りに進むか心配な企業も多いと思いますが、記事作成代行ドットコムならなんと納期厳守率98.24%。

問い合わせをすると、最長でも2営業日後には見積もりを貰えるため、スピーディーに記事作成に取り掛かれます。

Shinobiライティング

登録ライター数50万人以上、累計記事数525万件以上の実績を誇るShinobiライティング。

公式サイトから記事サンプルを閲覧できるため「納品物が思っていたのと違う」といった事態を防げます。

WEB上で1記事から依頼できるため、多額のコストを投じることなく気軽に試せます。

100記事の作成が最短3日で完了するスピード感も、急いでコンテンツを拡充したい企業におすすめできるポイントです。

コンテンツウォーカー

コンテンツウォーカーは、プランの豊富さが最大の特徴。

1文字0.9円のバックリングコースから1文字2.0円のプレミアムコースまで4つのプランが用意されており、求める品質に応じて選択できます。

記事タイトル作成、メタディスクリプション作成、フリー写真取得など、有料オプションの豊富さも嬉しいポイント。

初回利用時には通常価格から10%割引されるため、気軽に使うことができます。

まとめ|記事作成代行サービスを使って効率良く記事を作成しよう!

メディアで公開する記事を作成する際、記事作成代行サービスを使えば、専門性の高い記事をスピーディーに作成することが可能です。

自社で人員を確保するのに比べて大幅に手間を削減できるうえ、SEO対策を施した記事の受け取りが可能。

記事作成代行サービスを検討されている方は、ぜひ本記事でおすすめした記事作成代行サービスのなかから、自社に最適なサービスを選んで利用してみて下さいね。

オウンドメディア運用代行なら「abcompany」におまかせください!

abcompanyでは、オウンドメディアの構築・運営代行を中心に承っており、大手上場企業からベンチャー企業まで、数多くの実績があり、0からのオウンドメディア構築支援の経験も非常に豊富です。

「既存のWebサイト運用が上手くいっていない」「オウンドメディア運用して検索からお問い合わせが欲しい」などのお悩み等ございましたら、弊社担当者による無料相談も承っているので、ぜひお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MARKENOTE編集長。Webライターからキャリアをスタートし、現在は各種メディアでのオウンドメディア構築・運用支援を担当。コンテンツマーケティングで悩むすべての人の助けとなる情報を提供します。

目次
閉じる