メタキーワードは不要?設定するメリットや記述方法を徹底解説

メタキーワードには、訪問ページが何について記述されているのかを、キーワードによって検索エンジンに伝えていました。

2022年3月現在は、メタキーワードを記述すると、Googleからスパム扱いされる可能性があるのではないかと、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

この記事では、

  • メタキーワードの概要
  • メタキーワードが効果をなくした理由
  • メタキーワードを設定するメリット
  • メタキーワードの記述方法
  • メタキーワードを設定する際の注意点

について、徹底解説します。

読み終えれば、メタキーワードへの理解がさらに深められるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

メタキーワードとは

メタキーワードとは、GoogleやYahooなどの検索エンジンに、ページ情報を伝えるキーワードのこと。

キーワードによって、開いたページが何について書かれているか伝える役割があります。

しかし2022年3月時点では、SEO対策として重要視されておらず、効果はほとんどありません。

2009年頃までは、検索エンジンが内容を理解できておらず、ページ内に

  • 関連性のないキーワードを詰め込む
  • URLリンクを無数に貼る

などの施策を行って、あらゆるキーワードが上位表示されていた時代がありました。

しかし、現在はGoogle社が公式ブログにて「メタキーワードをランキング要素には取り入れない」と明言しているため、メタキーワードを入れたSEO効果は期待できないでしょう。

下記はGoogle社が公式に発表している、メタキーワードに関しての回答です。

Q:Googleがウェブ検索のランキングで「キーワード」メタタグを使用することはありますか?

A:一言でいえば使用していません。(中略)Googleのウェブ検索(Google.comでよく知られていて、毎日数億人が使用しています。)では、メタキーワードが完全に無視されます。現在のところ、検索ランキングに影響はありません。

引用URL:Google does not use the keywords meta tag in web ranking

メタキーワードが効果をなくした2つの理由

2009年頃までメタキーワードは、ひとつのページ内に関連性がないキーワードを詰め込むだけで、検索順位の上位を獲得できていました。

Google社が、メタキーワードはSEOに効果がないと明言していますが、他にどういった理由があるのでしょうか。

ここでは、メタキーワードが効果をなくした理由について紹介します。

検索エンジンのアップデート

メタキーワードは、検索エンジンがアップデートされるに従って、存在意義が薄れています。

かつての検索エンジンは、2022年時点の性能よりもはるかに劣っており

  • ページ内にある情報の読み取り
  • 重要なキーワードの判別
  • どのような内容が記述されているか

などを判断できませんでした。

しかし、検索エンジンのアップデートによって、200以上のアルゴリズムがページ内容を総合的に判断できるようになったので、メタキーワードを考慮する必要はありません。

メタキーワードの悪用

メタキーワードは、ブラックハットSEO※として悪用されていた過去があります。

検索エンジンがアップデートされる以前は、

  • SEOで上位表示させたいキーワードを不要に詰め込む
  • 本文と関係ないキーワードを入れたSEO対策

などの行為が散見されていました。

一部のユーザーが、メタキーワードを悪用していた背景も、効果をなくした理由です。

※質が低いコンテンツの検索順位を不正によって、上位に表示させるテクニック

メタキーワードを設定するメリット

SEO対策として効果がないメタキーワードですが、一定の効果もあります。

評価されないなら、入れる必要がないと考える方も多いでしょう。

2022年3月時点で考えられる、メリットを2つ紹介します。

ページごとのメインワードがはっきりする

メタキーワードを設定することで、ページごとのメインワードを明確にできます。

  • ページによってどういったキーワードを重視したいのか
  • 狙いたいキーワードは何なのか

などが明らかになるので、コンテンツ制作が楽になるはず。

キーワードに沿ったコンテンツを作成していけば、結果的にSEO対策になります。

キーワードが重複しづらい

メタキーワードを設定することで、キーワードが重複しづらくなります。

  • ページごとのキーワードを管理しやすくなる
  • コンテンツの重複を避けられる

などのメリットがあるので、検索エンジンから低い評価を受ける可能性がなくなるでしょう。

企業でメタキーワードを取り入れる場合、スタッフブログはインタビュー記事が多くなりやすいため、類似コンテンツと判断されてしまう可能性があります。

検索エンジンから低く評価されないために、メタキーワード設定はメリットと言えるでしょう。

メタキーワードの記述方法

メタキーワードは、HTMLファイル内の<head>タグの中に記述します。

  • ページに関連するキーワードは、ダブルコーテーション内に記述
  • キーワードが複数ある場合は、カンマで区切る

といった必要があり、下記のように入力する必要があります。

<head>
<meta name=”keywords”content=キーワードA,キーワードB,キーワードC”/>
</head>

入力したいキーワードによって、「キーワードA〜C」を変更するだけです。

メタキーワードを設定する際の注意点

続いて、実際にメタキーワードを設定する際の注意点について紹介します。

注意する点は以下の3つです。

  • 効果的なキーワードを入れる
  • キーワードは3〜5個に留める
  • ページ毎で違うキーワードを使う

ひとつずつ解説していきます。

効果的なキーワードを入れる

SEOで順位を上げる場合は、検索エンジンに評価される必要があるので、効果的なキーワードを入れましょう。

キーワードは、

  • 検索ボリュームの大きさ
  • ユーザーがどういったキーワードで検索するか

を意識する必要があります。

こちらが伝えたい内容ではなく、あくまでもユーザーの検索意図を想像して、コンテンツ制作に取りかかりましょう。

キーワードは3〜5個に留める

メタキーワードとして設定するキーワードは、盛り込みすぎずに、3〜5個に留めておきましょう。

キーワードの個数が増えると、伝えるべきコンテンツの内容が散漫になります。

検索エンジンからしても、何を伝えたいか分からないと判断されて、検索順位が上がらないということになりかねません。

現在は、メタキーワードと検索順位は直接関係していませんが、将来的に、以前のような影響を与える日が来るかもしれません。

その際に、キーワードを盛り込みすぎてスパム行為と判断されないためにも、キーワードは3〜5個に留めておきましょう。

ページ毎に異なるキーワードを使う

メタキーワードを設定する際は、異なるページで同じキーワードを使用しないようにしましょう。

同じメタキーワードを異なるページで設定した場合、重複コンテンツが誤って作成される可能性があります。

Google社から重複コンテンツと判断されてしまうと、

  • ページが表示されなくなる
  • ペナルティ対象になり、検索順位が大きく下がる

などのリスクがあります。

ユーザーに分かりやすい情報を提供するために、メタキーワードの内容が重複しないように意識すべきです。

まとめ|質の高いコンテンツ作りを意識する

メタキーワードは、Google社も発表しているように、SEO対策としての効果は期待できません。

検索エンジンがアップデートされて、過去に悪用された経緯からも明らかです。

しかし、質の高いコンテンツを作成するには、利用価値が十分にあります。

  • ページごとのメインワードがはっきりする
  • キーワードの重複を避けられる

といった点は、良質なコンテンツに重要な要素です。

メタキーワードを設定する必要はありませんが、コンテンツ制作の際はキーワード選定は必ず行いましょう。

質の高いコンテンツ作りを意識できれば、検索順位アップにつながるSEO対策になりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次