楽天市場の広告の種類・運用方法|選び方や成功の秘訣も解説

楽天市場では豊富な広告が用意されており、商品やユーザー層のニーズにあわせて適切に配信することで、集客や売上アップを図りやすくなります。今回は、楽天市場での広告の基礎知識から、運用のコツまで詳しく解説していきます。

楽天市場運用に関するノウハウやリソースが不足している場合には、運用代行・運営代行会社やコンサルティングを活用するのがおすすめです。

おすすめの楽天市場運用代行・運営代行会社は以下の記事で紹介しているため、ぜひ参考にしてください。
【徹底比較】楽天運用代行・運営代行おすすめ人気31選!費用や選び方のポイントも紹介
楽天市場コンサルティングおすすめ人気31社|相場や比較ポイントも解説

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、ブランドのポテンシャルを最大限に引き出す運用代行・コンサルティング会社です。

転売対策や広告運用など各分野の精通したスペシャリストが在籍し、少数精鋭のプロが結集したチーム体制で、売上・利益アップやブランド価値の向上を実現します。

フル運用代行はもちろん、広告運用や転売対策など課題に対するピンポイントなご依頼も可能です。サービス内容や事例、費用などは以下のページにまとめているため、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

目次

楽天市場における広告の基本知識

楽天市場では、商品を出品して販売するだけでなく、広告を活用して販売の促進を行うことができます。

他のECモールよりも活用できる広告の種類が豊富で、費用や扱う商品にあわせて細かく選べるため、楽天市場でショップを運営する方にとって、ぜひ活用したいサービスです。

ただし、種類が豊富なため、新規出店者にとっては最適な広告を選ぶのは難しいかもしれません。また、楽天市場での販売に慣れている方でも、新しく扱う商品を販売する際に「最大限に効果がある広告を選んでいなかった」という失敗もよくみられます。

しっかりと楽天市場の広告に関する知識を身につけて、コストを無駄にしない広告運用で、売上の最大化を狙いましょう。

楽天市場の広告とは?

楽天市場の広告とは、楽天市場内はもちろん、楽天市場以外の関連サイト・サービス上で表示される広告やメルマガのことを言います。

商品の写真が載っているタイプの広告が一般的ですが、扱う商品ジャンルに興味を持っているユーザーに向けて配信されるメルマガなども含まれます。

楽天市場における広告の強み

楽天市場における広告の強みは、店舗の規模や費用にあわせて配信によって商品・ショップの認知度を高められることです。

楽天市場で商品の販売数を増やすためには、顧客が店舗にアクセスする数を増やさなければいけません。

店舗の認知度を上げるために広告を表示させることによって、数多くの楽天市場の店舗の中から自社の店舗を顧客に見つけてもらえるようになります

広告にかける費用の大きさによってアプローチできる顧客の数などは変化しますが、少額からできる広告もあるため、新しく出店したばかりで資金や予算が少ない方にとっても認知度アップに活用できるのも魅力でしょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場における広告の種類

楽天市場における広告は大きく3種類に分類されます。

  • ディスプレイ広告
  • 運用型広告
  • ニュース広告

種類によって、掲載箇所や課金方式などが変わるため、あらかじめそれぞれの特徴や違いを正しく理解しましょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、楽天市場内に画像の形式で掲載される広告です。

基本的に広告枠を購入して掲載する方式をとっており、枠を購入するにはある程度まとまった資金が必要になります。

ディスプレイ広告は「楽天市場広告」と「特別大型企画広告」の2つからなっており、比較的費用としては高めな傾向があります。しかし、広告枠の購入で掲載が保証される分人気が高く、広告枠が売り切れることがあるため、セールやイベントに向けて広告を掲載したい場合は早めの入札が必要です。

運用型広告

運用型広告とは、クリックや表示された数などの成果に対して課金する形式の広告です。

運用型広告は種類が多く、さまざまな目的に沿って活用できるのが特徴で、確実に成果を見込みたい出店したばかりの店舗から、ニッチな商品を扱う店舗まで、あらゆる店舗が活用できます。

運用型広告は、以下の4種類に分かれています。

  • RPP広告(検索連動型広告)
  • TDA広告(ターゲティングディスプレイ広告)
  • CPA広告(効果保証型広告)
  • クーポンアドバンス広告

それぞれの特徴は、後述で詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ニュース広告

ニュース広告とは、楽天市場の会員に対して配信されるメルマガの中にバナーなどの形式で掲載される広告です。

楽天市場が持つ顧客リストを利用して顧客へのアプローチができるため、短期間で大きく売上を伸ばせる効果も見込めます

ニュース広告は「楽天配信」と「店舗配信」の2つに分かれています。楽天市場ユーザーはもちろん、自社ショップでの購入歴があるユーザーに対しても配信可能です。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場のディスプレイ広告の特徴と費用相場

ディスプレイ広告は楽天市場内で一般的に画像形式で掲載される広告です。通常時に表示される「楽天市場広告」と、楽天市場内で開催される大型イベントとあわせて掲載される「特別大型企画広告」があります。

楽天市場広告特別大型企画広告
メリット・月単位での継続的な認知が可能
・商品画像による訴求が可能
・幅広いユーザーに向けてアプローチが可能
・短期間で大幅な流入の増加が見込める
デメリット・費用対効果の検証が行いづらい・広告枠が200万円以上と高額
・費用対効果は小さくなる傾向がある
費用相場40,000円〜100万円以上200万円以上

それぞれの特徴と費用を詳しく解説します。

楽天市場広告

楽天市場広告は、商品ジャンルページやタイムセールページなどのページに表示される期間保証型の広告です。比較的広告枠の数は多いため、人気のジャンル以外は埋まることが少ないとされています。

毎月広告枠が販売されているため、月単位での継続的な認知の向上が期待できます。ただし、広告枠によって条件が異なるため、費用対効果の検証が行いづらい点に注意が必要です。費用相場としては、40,000円〜100万円以上が基本的な相場となっています。

特別大型企画広告

特別大型企画広告は、クリスマスや正月といった商戦シーズンにあわせたイベントや、楽天市場内で開催されるスーパーセールやお買い物マラソンといった大型イベントにあわせて掲載される広告です。

幅広いユーザーにアプローチでき、イベント時の購買意欲が高いユーザーに広告を見せることができるメリットがあります。

一方で、広告枠の値段が高額(一般的に100万円以上)で費用対効果が低くなりがちな点や、競合に早めに枠を抑えられてしまう可能性がある点に注意が必要です。

特別大型企画広告は大規模な宣伝効果が見込めますが、興味の薄いユーザーにも表示されるため、正月の「おせち」など短期間でよく売れるギフト系の商品に適しています。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場の運用型広告の特徴と費用相場

運用型広告は成果やクリック数などに対して課金する方式の広告です。運用型広告は、以下の4種類に分けられています。

RPP広告TDA広告CPA広告クーポンアドバンス広告
メリット・月5,000円からと低価格
・ニッチな商材でも効果が出やすい
・クリックで課金が発生
・ユーザー層を選んで訴求できる
・費用対効果が高い
・バナーを自由にデザイン可能
・売上が発生するまで課金が発生しない
・設定後24時間以内に開始
・購買意欲が高いユーザーに絞って訴求できる
デメリット・入札単価などの設定に手間がかかる・競合や枠によって予算を消費しきれないことがある・売上に対して広告費用の割合が高くなる・他のクーポンや割引との調整が必要
費用相場商品CPC:10円〜
キーワードCPC:40円〜
月額予算5万円〜0.75〜10円 / Vimp広告経由で発生した売上の20%自動商品選定CPC:25円〜
手動商品選定CPC:40円〜

4つの運用型広告を的確に使い分けられるように、それぞれの特徴と費用を詳しく解説します。

RPP広告(検索連動型広告)

RPP広告(検索連動型広告)は、楽天市場内で商品を検索した際に、検索結果のページに掲載される広告です。

原理としては、RMSに登録した全商品からユーザーの検索ワード・閲覧履歴に対して条件に合う商品を楽天側が自動で選び表示させるもので、リスティング広告とほぼ同じといえます。

検索画面の上位に表示され、パソコンのブラウザの場合は上位4枠が、スマホの場合は上位6枠が広告枠となっており、1ページ目だけでなく2ページ目以降も表示されます。

ニッチな商材でも購買意欲の高いユーザーにアプローチでき、月5,000円からと低予算からでもはじめられるメリットがありますが、キーワードに対して手動で入札単価を設定する手間があり、効果が出るまで調整が必要です。

利益率が高い商品のみを対象に設定し、一定期間ごとに入札単価を調整することで費用対効果を高められます。

TDA広告(ターゲティングディスプレイ広告)

TDA広告(ターゲティングディスプレイ広告)は、希望するセグメントのユーザーに対してバナー形式で掲載する広告です。セグメントの条件は、年齢、性別、閲覧履歴、購入履歴などの項目からなっており、細かい指定が可能となっています。

楽天市場内だけでなく楽天に関連するサービスやサイトでも表示されるため、幅広い認知が可能です。

課金方式は、ビューアブルインプレッション(Vimp)課金となっており、バナー広告の面積の50%以上が1秒以上ユーザーに対して表示された場合のみに課金が発生し、その回数と配信単価を乗算した金額が課金額合計となっています。

指定したユーザーに対して狙いを定めてアプローチできるため費用対効果が高く、掲載される場所も購買履歴、商品価格ナビ、お買い物完了ページ、商品レビューページ、楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどの一部イベントページ、ランキングなど多岐にわたるメリットがあります。

正しいセグメントを把握できない場合や、同じセグメントで出稿する店舗が増えると表示が少なくなり予算消費が達成しにくくなる点に注意しましょう。

楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどの大型イベントの時期にあわせると効果が増加するため、広告審査を受ける時期をしっかりと確認しましょう。

CPA広告(効果保証型広告)

CPA広告(効果保証型広告)は、広告経由で売上が発生した際に売上の20%が広告費として課金される広告です。

RMSに登録された全商品の中から楽天側が自動でサイトのページに合致する内容の商品の広告を表示してくれる仕組みとなっています。

実際に売上が発生するまで費用がかからないため、どのくらいの売上が期待できるか明確にわからないときでも安心です。さらに、設定後24時間以内に表示が始まるため、すぐに広告を出したいときでも活用できます。

しかし、費用が売上の20%と比較的高めであり、ターゲット層が明確で動向のデータがある場合は他の広告の方が費用対効果が高くなる傾向があります。広告予算が設定できないことや広告クリック後の課金対象時間が30日間と長い点にも注意が必要です。

クーポンアドバンス広告

クーポンアドバンス広告は、表示させたい商品と値引きさせる予算を決めて表示させる広告です。

クーポンの形で表示されるため、購入意欲が高いユーザーに対して集客が効果的に見込めるのが特徴です。費用は、ユーザーがクーポンを獲得したときに発生します。

購買意欲が高いユーザーに対して効率的な広告運用が可能ですが、他のクーポンや割引との兼ね合いを調整する必要があります。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場のニュース広告の特徴と費用相場

ニュース広告は特定のユーザーに対して配信するメルマガやメルマガ内で表示される広告です。ニュース広告には、2つの種類があります。

楽天配信店舗配信
メリット・短期間で売上を大きく増やせる・月3万円からと少額
・自動配信が可能
デメリット・流入が増えても売上の増加までつながらないケースがある・扱う商品を変更する際は内容を修正する手間がかかる
費用相場10万〜50万円程度
※メールの種類によって異なる
最低月額予算3万円〜

2つのニュース広告をうまく活用して、顧客に効果的なアプローチを行いましょう。

楽天配信

楽天配信は、「メール配信を受け取る」に設定している楽天市場ユーザーに対して配信されるメルマガ内に掲載される広告です。楽天市場から配信されるメルマガは開封率が高く、そのうえ、ユーザーの数が多いため幅広い認知が可能な特徴があります

また、掲載されるメルマガの種類も選択でき、楽天スーパーセールなどのイベントのお知らせといったメールから、特定のジャンルの紹介のメールまで掲載したいメールを選ぶことができます。

商品ニーズが合致していた場合は、短期間で売上を大きく増加させることが可能ですが、対象ユーザーが幅広いため、アクセス数が増加しても購入につながらないことがあります。

取り扱う商品やサービスがユーザーにとって魅力的かを検討し、商品ページを充実させたうえで実施すると費用対効果が高くなるため、事前の準備が重要です。

店舗配信

店舗配信は、店舗で購入した履歴があるユーザーに対して、内容を作成したメールを配信する形式の広告です。

商品購入時に「この店舗からのメール配信を受け取る」といったチェック欄があり、この欄にチェックをいれたユーザーのみに配信されます。

費用が月3万円からと少ない予算で設定でき、自動配信の設定も可能です。買い替えが必要な消耗品などの商材と相性が良い広告なので、紹介する商品をしっかり選定しましょう。

また、メルマガの文章次第でアクセス数が変わる傾向があるため、メルマガ作成の知識を身につけておくとよいでしょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場で出稿する広告を選ぶ3つのポイント

楽天市場で出稿する広告を選ぶ際に、何を選べばよいかわからないときは、以下の3つのポイントを確認しましょう。

  • ショップのフェーズにあった広告を選ぶ
  • 商材の特性にあった広告を選ぶ
  • イベント時にはディスプレイ広告を活用する

ショップのフェーズや商材の特性などにあわせることで、楽天市場での広告効果を高めやすくなるので、ぜひ3つのポイントを実践してみてください。

ショップのフェーズにあった広告を選ぶ

どの商品を取り扱っているのかだけではなく、ショップ運営のフェーズが現在のどの位置にあるかという点で、選ぶべき広告が変化します。

ショップのフェーズを「新規出店時」、「売上拡大期」、「成熟期」の3つに分けて考えてみましょう。

新規出店時売上拡大期成熟期
店舗の状態商品の認知が低く、すでに認知しているユーザーが主な顧客指名買いユーザーの売上が安定し、売上アップには幅広い顧客の獲得が必要指名買いユーザーと検索ユーザーを獲得し、一定水準以上の売上で安定
取り組むべきこと商品を認知している指名買いユーザーの獲得購入を検討している段階のユーザーの獲得商材への関心や購入意欲が低いユーザーの刈り取り
おすすめの広告・RPP広告
・クーポンアドバンス広告
・運用型広告
・楽天市場広告
・ニュース広告
・運用型広告
・ディスプレイ広告
・ニュース広告

新規出店時は、商品についてすでに知っており、その商品やブランドを検索して購入しようとしている購入意欲の高いユーザー(指名買い)層を獲得することが売上増加のカギとなります。

指名買いユーザー層には、検索して表示される広告をクリックして店舗に誘導する動線が効果的なので、検索結果に表示されるRPP広告が効果的でしょう。

また、購入したい商品がクーポンアドバンス広告で表示された場合は、すでに高まっている購入意欲を刺激し、実際の購入へと結びつきやすくなります。

売上拡大期は、指名買いユーザー層がある程度安定して確保できるようになり、さらなる集客で売上拡大を目指すフェーズです。売上拡大期では、複数の広告を同時並行で展開することが効果的です。

運用型広告で指名買いユーザーを集めつつも、幅広いユーザー層をターゲットにした楽天市場広告でディスプレイ表示させることで売上の増加を図れるでしょう。ニュース広告の店舗配信でリピート客の獲得にも取り組むと、売上の基盤が整ってくるはずです。

売上が一定の水準を超えて安定するようになったら成熟期に入ったと考えてよいでしょう。成熟期ではどの種類の広告でも効果が出るようになりますが、特にディスプレイ広告の大型特別企画広告といった高額な広告でも高い費用対効果が期待できるようになります

この時期には在庫も多く揃えられるようになっているため、短期間で売上が大きく増加する楽天配信にも対応できるようになり、さらなる売上の増加を期待できるでしょう。

商材の特性にあった広告を選ぶ

楽天市場で配信する広告は、商材の特性やその商材のニーズがあるユーザー層の行動に沿うような広告を選ぶとよいでしょう。

たとえば、家電のような商材の場合は、ユーザーは商品について詳しく調べてから購入したいと考える傾向にあります。そのため、商品名や特徴などをキーワードで検索した際に表示される運用型広告が向いているでしょう。

一方で、牛肉などの生鮮食品は、価格などの条件で衝動買いされやすい傾向がみられるため、商品の状態が画像で伝わるディスプレイ広告と相性がよいです。

イベント時にはディスプレイ広告を活用する

楽天市場のイベント時には、通常よりも多くのユーザーが流入します。

ユーザーが多く訪問する時期に、掲載が保証されているディスプレイ広告でユーザーへの露出を高められれば、店舗への効果的な集客が期待できるでしょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場での広告出稿の流れ

楽天市場に出稿するには、以下4つのステップで準備を進める必要があります。

  1. 広告掲載の審査
  2. 申込書の提出
  3. 原稿審査
  4. 入稿と掲載

広告を出稿するためには、楽天市場での審査に通過する必要があります。

楽天市場で配信する広告としてふさわしいかを確認するためで、定められた基準やクオリティを満たしていなければいけません。審査に通過すると広告を入稿できるようになるため、すばやく広告を掲載できるように作業を進めましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場で広告効果を最大限に高める4つのコツ

楽天市場では、出稿した広告の効果を最大限に引き出す4つのコツがあります。

  • 検索ボリュームの高いキーワードで出稿する
  • 競合店舗の動きにあわせて運用する
  • 広告からアクセスした先の商品ページを充実させる
  • 効果検証と改善を繰り返す

上記のコツについて詳しく説明します。

検索ボリュームの高いキーワードで出稿する

運用型広告は検索ボリュームが大きいキーワードの方が、掲載される機会が多くなりやすい傾向にあります。

理由としては、一般的に運用型広告は検索ボリュームの大きさと広告の効果が結びついているとされているためです。

そもそも検索ボリュームが小さいと、検索キーワードと広告の内容の関連性が薄いと判断されてしまう可能性があり、表示回数が減るケースもあります

検索ボリュームは外部ツールを使って調べられます。楽天市場の仕様によって日々使えるツールが変化しているため、ツールの知識もしっかり身につけておくとよいでしょう。

競合店舗の動きにあわせて運用する

楽天市場では、自分の店舗と同じ商材を扱う競合店舗が多く存在しています。

競合店舗がランキングに入っている場合は、上位の店舗の動きや広告の種類を参考にして、自社の広告運用を改善するのもひとつの手です。

広告からアクセスした先の商品ページを充実させる

楽天市場の広告でユーザーを集めても、流入した先の商品ページが魅力的でなければ離脱率が増加し、売上の増加が見込めなくなるケースがあります。

広告運用の検証も重要ですが、商品ページの検証も忘れないようにしましょう

効果検証と改善を繰り返す

広告は費用対効果が重要ですが、効果が出ているときや、費用が上回っているときの要因は複雑です。

何度も広告の効果と検証を繰り返し、何がよくて何が悪かったのかを分析し、こまめに改善を続けましょう

特に、発生した広告費とコンバージョン数の割合を常に確認していくことが重要です。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場では広告以外の集客対策も重要

ここまでは、楽天市場の集客を増加させるための広告について紹介しましたが、広告以外の手段でも店舗へのアクセスを増やす方法があります。

  • SEO対策
  • イベント・セール対策
  • 楽天スーパーアフィリエイト対策

上記3つの施策の実践を検討し、広告と並行してユーザーの獲得を強化しましょう。

SEO対策

Google検索で自社サイトが上位に表示されるように対策を行うのと同じく、楽天市場内の検索で上位に表示されるように対策することも重要です。

楽天市場の検索エンジンは商品名だけでなく、商品説明や直近の販売数、レビューといった実績も考慮し、検索結果を表示するとされています

商品ページに狙いたい検索ワードを的確に盛り込んだり、質の高い商品の提供で地道に販売数を積み上げたりして、検索結果での上位表示を実現しましょう。

イベント・セール対策

楽天市場ではさまざまなイベントやセールが開催されており、それらが開催される時期は楽天市場内のユーザー数が増加します。

楽天市場全体の盛り上がりを店舗内へいかにつなげるか、呼び込んでいくかも売上増加に重要です。

イベント・セールに向けて商品ページを改善したり、メルマガで顧客に購入を促したりするなど、集客や売上アップに向けた施策を実施しましょう

楽天スーパーアフィリエイト対策

楽天スーパーアフィリエイトとは、ブログやSNSで楽天市場で出品している商品を紹介してもらい、成果が発生した際に報酬が発生するという仕組みです。

商品ジャンルによってアフィリエイト料率は変化しますが(2~4%)、高くても4%なので他の広告よりも低めです。

楽天市場以外の媒体で宣伝してもらえるのがメリットであり、楽天市場内の広告と組み合わせると、幅広いチャネルからの集客を期待できるでしょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場の広告を活用して集客を強化しよう

楽天市場には、ディスプレイ広告や運用型広告、ニュース広告といった広告商品があります。目的やニーズに合わせて適切な広告を選定・配信することによって、効果的な集客を期待できるのがうれしいポイントです。

ショップのフェーズや商品の特性にあった広告を選び、効果検証と改善を繰り返しながら、集客や売上の最大化を目指しましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、ブランドのポテンシャルを最大限に引き出す運用代行・コンサルティング会社です。

転売対策や広告運用など各分野の精通したスペシャリストが在籍し、少数精鋭のプロが結集したチーム体制で、売上・利益アップやブランド価値の向上を実現します。

フル運用代行はもちろん、広告運用や転売対策など課題に対するピンポイントなご依頼も可能です。サービス内容や事例、費用などは以下のページにまとめているため、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次