キラーコンテンツの作り方!事例や作る際のポイントも紹介

コンテンツマーケティングの中でも、強い集客力を持っていることから、重要な役割を担っている「キラーコンテンツ」

インターネットの普及とともに、企業のマーケティング方法は多様化しており、どのようにキラーコンテンツを作成すればいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • キラーコンテンツの概要
  • キラーコンテンツの例
  • キラーコンテンツを作る際の3つのポイント
  • キラーコンテンツの作り方

について、徹底解説します。

読み終えれば、キラーコンテンツの知見が深まり、自社のWebマーケティングにも活かせるようになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

キラーコンテンツとは

キラーコンテンツとは、特定の分野を普及させるにあたって、大きな集客力や影響力をもつコンテンツのこと。

キラーコンテンツの「Killer」は、殺人者という意味ではなく「驚異的な」「決定打」といった意味も含んでいます。

  • 驚異的なヒットを出したコンテンツ
  • 売上を伸ばす決定打となるコンテンツ

などの、読者にとって納得感が得られる情報の集合体を、キラーコンテンツと言います。

キラーコンテンツの具体例6つ

ここではキラーコンテンツの具体例を、6つ紹介します。

マーケティングの世界におけるキラーコンテンツには、成果を出す上で、なくてはならない訴求方法があります。

ひとつずつ詳しく紹介するので、キラーコンテンツを作成する際に参考にしてみてください。

効果を説明する

商品の効果を説明することで、

  • 商品の魅力を伝えられる
  • 情報量でユーザーを圧倒できる

といったメリットがあり、キラーコンテンツになり得ます。

導入イメージを具体化させられるので、購買意欲の向上に期待できるでしょう。

購入企業の規模や業種によって、改善ポイントが分かっていると、さらに具体的にユーザーがイメージしやすくなります。

カスタマーサービスを取り入れる

カスタマーサービスを取り入れることで、ユーザーは

  • サービスや商品に自信がある
  • 購入への不安が和らぎ、購買意欲が上がる

などの効果を感じます。

返金保証やQ&Aなども、キラーコンテンツを作る上で、重要なカスタマーサービスです。

ユーザーがサービスや商品に対して質問があった際に、問い合わせページがない場合、離脱される恐れがあるので、注意しましょう。

権威ある専門家の評価や意見を入れる

権威ある専門家の評価や意見を取り入れることで、コンテンツに説得力が増します。

  • A研究所も効果を認めた!
  • A専門家のB氏監修

などの文言をCMや書籍で目にした人も少なくないはず。

実際に評価を得る必要はありますが、専門家の評価は強力なキラーコンテンツになります。

動画で商品やサービスを説明する

キラーコンテンツの代表例として、動画で商品やサービスを説明する方法があります。

商品詳細を説明する際に、テキストだけでは魅力は伝わりにくいもの。

ビジュアル要素がある動画を使用すると、ユーザーに効果的なイメージを刺激できるので、おすすめです。

効果的な手法として

  • 音声や文章<図や写真などの画像
  • 画像<動画
  • 動画<ライブ配信
  • ライブ配信<対面

などが挙げられます。

レビューや口コミ

サービスや商品に対して好意的なレビューや口コミは、キラーコンテンツとして強力です。

レビューや口コミを効果的に集める方法は、ユーザーがレビューしたくなる状態を作る必要があります。

具体的には、

  • クーポン
  • ポイント

などのプレゼントを用意して、ユーザーにレビューしたくなるメリットを設置する必要があるのです。

レビューすることで、ユーザーがメリットを得られるように設計しましょう。

特にECサイトにおいて、レビューや口コミは二次拡散につながる可能性があるので、有効だと言われています。

統計データやアンケートの調査結果

コンテンツ作りにおいて、統計データやアンケートの調査結果は、キラーコンテンツになります。

第三者機関や調査の規模の大きい場合に用いることで、信憑性が増すので効果的です。

市場から集められたデータには、

  • ユーザーが自覚していなかったニーズの顕在化
  • 欲求を煽る

といった効果があります。

データをそのまま載せてしまっては、効果が薄いです。

事実だけを伝えるのではなく、ユーザーが当事者意識を持てるような伝え方を意識しましょう。

キラーコンテンツを作る際の3つのポイント

届ける情報や届け方によって、キラーコンテンツの効果は変わってくるとお話ししてきました。

ユーザーを惹きつける最も効果的なキラーコンテンツは、どのように作ればいいのでしょうか。

ここでは、キラーコンテンツを作る際の3つのポイントを紹介します。

時間をかけすぎない

キラーコンテンツを作る際は、時間をかけすぎないことが大切です。

もちろんサービスや商品を売るためには、継続的な情報発信を怠ってはいけません。

キラーコンテンツだけではなく、Webページ制作にも時間を割き

  • ホームページは見づらくないか
  • 間違ったリンクの貼り方になっていないか

などのポイントにも時間を使い、ユーザーにとって良質なコンテンツ作りを意識しましょう。

ニーズを把握する

自社のサービス・商品は、誰に需要があるのかを把握する必要があります。

サービスや商品が優れていても、ニーズがない顧客にアプローチした場合、的外れで終わってしまう可能性があるからです。

キラーコンテンツ作りにおいて

  • 見込み顧客に関する調査
  • 自社のサービスや商品についての理解

は重要です。

誰が自社のサービスや商品を求めているのか、というニーズを把握して、キラーコンテンツを作りましょう。

サービスや商品の強みを理解してアピールする

キラーコンテンツを作る際は、サービスや商品の強みを理解して、アピールしていきましょう。

アピールする際に、自分が伝えたいことだけアピールするのは効果がありません。

アピールする対象は、サービスや商品を購入してくれそうな消費者に限ります。

  • 調査と分析を繰り返す
  • 消費者が必要としている情報を精査する

といった過程が、アピールする際の重要ポイントです。

キラーコンテンツの作り方

キラーコンテンツは、自社のサービスや商品のどのような内容がキラーコンテンツに適しているか分析して理解することが大切です。

ここからは、キラーコンテンツの作り方について紹介します。

各記事のCV数を分析する

キラーコンテンツ制作の際は、各記事コンテンツのCV※数を分析します。

分析するにあたって、

  • CV数の多い記事コンテンツを洗い出して、CVする要因を分析
  • CVしたユーザーの行動遍歴を確認して、どんな悩みを抱えているか仮設を立てる

などのポイントを抑えておきましょう。

記事の特性とユーザーの行動を分析できれば、どういったコンテンツを制作するべきか、方向性が見えてきます。

※コンバージョンの略称。ユーザーのアクションによって、最終的な成果につながった行動。

CVする理由としない理由を調査する

CVする理由としない理由を調査することで、記事コンテンツに訪れたユーザーが、成約までどういった行動がなされたのか分かります。

マクロモーメント※によると、ユーザーが検索するキーワードは

  • Knowクエリ
  • Goクエリ
  • Buyクエリ
  • Doクエリ

に分類されます。

調査を通して、CVする理由としない理由を知り、次のキラーコンテンツ制作に役立てることが可能です。

※人が「何かしたい」と思った際に、反射的にモバイル端末で検索する瞬間があると、Google社が提唱した言葉。

悩みを解決するコンテンツを制作・強化する

ユーザーの悩みやニーズについて立てた仮説を基に、コンテンツを制作・強化しましょう。

既存コンテンツで解消できない場合は、新たにコンテンツを作成する必要があります。

既存コンテンツが、ユーザーの悩みやニーズを解消できていれば、コンテンツのブラッシュアップにより、キラーコンテンツ化を目指せるはずです。

コンテンツが制作できると、投稿後にキラーコンテンツとして効果が表れる可能性が上がります。

まとめ|ポイントを理解してキラーコンテンツを作成しよう

キラーコンテンツ制作は、ユーザーの悩みやニーズを調査して、コンテンツ作りに取り組む必要があります。

信憑性を保つためには、

  • 権威ある専門家の評価や意見を入れる
  • レビューや口コミを取り入れる
  • 統計データやアンケートの調査結果

などの施策をコンテンツ制作に取り入れてみましょう。

ニーズを把握しつつ、時間をかけすぎない点も重要なポイントです。

Webページ制作に時間も費やさなければならないので、バランスが難しいですが、ユーザーにとって質の良いコンテンツが、最終的な成果につながります。

キラーコンテンツは、マーケティング全体を底上げして、効率よく売上を上げるための施策です。

記事を通して、キラーコンテンツへの知見が深まり、ビジネスに活かせることを祈っています。

オウンドメディア運用代行なら「abcompany」におまかせください!

abcompanyでは、オウンドメディアの構築・運営代行を中心に承っており、大手上場企業からベンチャー企業まで、数多くの実績があり、0からのオウンドメディア構築支援の経験も非常に豊富です。

「既存のWebサイト運用が上手くいっていない」「オウンドメディア運用して検索からお問い合わせが欲しい」などのお悩み等ございましたら、弊社担当者による無料相談も承っているので、ぜひお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MARKENOTE編集長。Webライターからキャリアをスタートし、現在は各種メディアでのオウンドメディア構築・運用支援を担当。コンテンツマーケティングで悩むすべての人の助けとなる情報を提供します。

目次
閉じる