【8/6(火)】2024年版 「モールEC」売上アップ徹底攻略セミナー開催! 詳細を見る

Amazonの在庫切れがもたらす5つのリスクとは?要因や対処法、対策も紹介

Amazonに商品を販売する際、気をつけたいことが「在庫切れ」です。在庫切れを一度でも起こすとさまざまなリスクにつながり、売上が減少してしまうおそれがあります。本記事では、Amazonで在庫切れが発生する原因やリスク、対策を解説します。

Amazon運用に関するノウハウやリソースが不足している場合には、運用代行・運営代行会社やコンサルティングを活用するのがおすすめです。

おすすめのAmazon運用代行・運営代行会社は以下の記事で紹介しているため、ぜひ参考にしてください。
【徹底比較】Amazon運用代行・運営代行おすすめ人気31選!費用や失敗しない選び方も紹介
Amazonコンサルティングおすすめ人気31選!選び方・メリット・注意点・費用相場まで解説

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、ブランドのポテンシャルを最大限に引き出す運用代行・コンサルティング会社です。

転売対策や広告運用など各分野の精通したスペシャリストが在籍し、少数精鋭のプロが結集したチーム体制で、売上・利益アップやブランド価値の向上を実現します。

フル運用代行はもちろん、広告運用や転売対策など課題に対するピンポイントなご依頼も可能です。サービス内容や事例、費用などは以下のページにまとめているため、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

目次

Amazonの在庫状況は8つの区分に分けられる

Amazonの在庫情報は、以下の8つの定義に分けられます。

  • 在庫あり:商品がAmazonの物流倉庫内にあるので注文と同時に発送準備ができる状態
  • 通常2~3日以内に発送:商品が物流センターになく、発注元から取り寄せる状態
  • 通常〇~△週間以内に発送:物流センターに在庫がないため仕入れ先から取り寄せが必要な状態。もしくは取り寄せ先の在庫が少ないか、準備に時間が必要な状態
  • 通常〇~△ヶ月以内に発送:仕入れ元からの取り寄せが長期にわたることが予想される状態
  • 近日発売 予約可:まだ発売されていないが予約が可能な状態
  • この商品の発売予定日は〇年△月□日です:商品はまだ販売されていないが、販売日が公開されている状態
  • 入荷時期は未定です(一時的に在庫切れ):物流センターに在庫がなく、仕入れ元から取り寄せる必要があるが、入荷時期が未定の状態
  • 在庫切れ この商品は現在お取り扱いできません:物流センターと仕入れ先、どちらにも在庫がない状態

Amazonにおいては在庫切れとは「現時点では注文を受けることができず、再入荷の保証もできない状態」を指します。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonで在庫切れを起こす3つの要因

Amazonで在庫切れを起こす主な原因は、以下の3つです。

  • 過去の実績を適切に分析できなかったため
  • 在庫や納品をしっかり管理できなかったため
  • 注文殺到に対応しきれなかったため

それぞれについて詳しく解説します。

過去の実績を適切に分析できなかったため

過去の販売実績を把握・分析していないと、在庫切れを起こす恐れがあります。商品がどの程度売れるかを予測できていないと、追加発注や生産サイクルが調整できなくなるためです。

ただし、過去の実績を把握しているだけでは不十分です。「昨年はこういう状況で〇個売れたから、今年は〇個売れるだろう」と仮説を立て、需要予測を行わなければいけません。

毎年同じ時期に需要が増加する商品だとしても、市場のトレンドや競合商品の影響によって注文が増減する可能性があります

過去の販売実績と現在の状況を分析したうえで、需要予測を立てるようにしましょう。

在庫や納品をしっかり管理できなかったため

適切な在庫管理や納品管理ができていないと、在庫切れを起こす可能性が高いでしょう。在庫切れを防ぐには、過去の販売実績を分析したうえで売れそうなタイミングが訪れる前に在庫を確保しておくことが大切です。入庫数や出庫数は必ず計上し、定期的に在庫の状態をチェックしましょう。

また、商品の保管状況によっては劣化が進み、販売できない状態になってしまうこともあります。商品状態のこまめなチェックと適切な管理も忘れずに行いましょう

注文殺到に対応しきれなかったため

SNSで話題になったりマスコミで取り上げられたりすることで、突発的に注文が殺到し、在庫切れとなるケースもあります。

ECサイトを運営する際は、突発的な在庫切れはいつでも起こりうると考えておかなければいけません。在庫切れの期間が長引いたり、何度も在庫切れを起こしたりしてしまうと、Amazonの運用に悪影響を与える恐れがあります

突発的な注文に備えて、ある程度余力を持った在庫管理をしておくと安心です。需要を上回る注文が入った場合の対応フローをしっかりと考えておきましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonで在庫切れが発生した際に起こる5つのリスク

Amazonで在庫切れが発生した場合、以下のリスクが発生する恐れがあるため、注意が必要です。

  • 機会損失によって売上が落ちるおそれがある
  • カートボックスを獲得しにくくなる
  • Amazon SEOに悪影響を及ぼす
  • ランキングに掲載されにくくなる
  • 広告が表示されなくなる
  • 顧客からの信頼が失われる

在庫切れによってどのようなリスクが考えられるのか、しっかり把握しておきましょう。

機会損失によって売上が落ちるおそれがある

Amazonの在庫切れによって、売上機会の損失が発生する恐れがあります。ユーザーがせっかく商品を検索して、「購入したい」と思っても、在庫切れでは売上につながりません

在庫があれば手に入れることができた「売上」という絶好の機会を逃してしまうのです。

また、在庫切れのせいでユーザーが他社の商品を購入し、今後はお店のページを訪れなくなると、未来の売上の機会も逃してしまいます。

カートボックスを獲得しにくくなる

在庫切れを起こすことで、カートボックスの獲得権を失う恐れもあるでしょう。カートボックスとは、商品ページの目立つ場所に表示されており、ユーザーの購入をサポートする役割を果たしています。

商品ページの画面で「カートに入れる」「今すぐ買う」ボタンを選択すればカートボックスを獲得している商品がカートに入るため、多くのユーザーがカートボックスの商品を購入しています。

カートボックスを獲得するためには、在庫に対しての数値基準を満たさなければいけません。せっかくカートボックスを獲得しても、在庫切れの商品はカートから外れてしまいます。

カートボックスからの売上は非常に大きいので、獲得権を失うと収益ダウンはまぬがれません。

Amazon SEOに悪影響を及ぼす

在庫切れは、AmazonのSEOに悪影響を及ぼすため、注意が必要です。Amazon公式では、在庫数と検索結果アルゴリズムは関係していると公言しています。また、在庫切れの商品は検索結果に表示されません。

そのため、再度在庫を仕入れても、その間にほかの商品が販売実績を伸ばしていると、SEO順位はなかなかもとに戻せなくなり、商品がユーザーの目に留まる機会が減少してしまいます

ランキングに掲載されにくくなる

在庫切れにより検索順位が下がると、当然商品ランキングにも悪影響を及ぼします。

Amazonの「人気商品」や「売れ筋ランキング」などのランキングは常に変動しているため、在庫切れで売上ゼロが続くと、ランキングが大幅に下がったり、最悪の場合ランキングに表示されなくなったりするでしょう。

また、「ベストセラー」のタグも競合他社の商品に奪われる恐れがあります。

広告が表示されなくなる

在庫切れを起こすと、自動的に広告が非表示になってしまいます。

「広告を見て商品を買おうと思ったのに、在庫切れで買えなかった」というユーザーの不満を起こさないための措置です。広告が非表示になると、当然売上が下がるリスクも高くなります

広告が表示されるのは在庫が十分にある商品に限られるため、集客手段を維持するためにも在庫管理が欠かせません。

顧客からの信頼が失われる

在庫切れによって、顧客の信用を失うことも考えられます。ユーザーは、自分が買いたいタイミングで商品を購入できないと、「出店しているのに商品が買えないなんて」と不信感を抱くでしょう。

一度芽生えた不信感は簡単に拭えるものではありません。「あのお店は二度と利用しないするまい」と思われても仕方ないのです。

在庫切れによって顧客の信頼を失うことで、現在の売上はもちろん、将来の売上も失いかねません。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonで在庫切れを起こしたときの2つの対処法

Amazonで在庫切れを起こした際、以下の対処を行えばリスクを最小限に抑えられる可能性があります。

  • 入荷予定日を設定する
  • すぐに商品を再入荷する

それぞれの方法を詳しく解説します。

入荷予定日を設定する

在庫切れが起こりそうだと判明したら、すぐに商品を発注して入荷予定日を設定しましょう。

入荷予定日を設定することで、在庫切れを起こしても商品ページが非表示になるのを防げます。また、「予約注文」という形で商品の注文を受け付けられます。

すぐに購入希望のユーザーは他社で購入してしまうかもしれませんが、「入荷次第購入できればいい」というユーザーを逃すことは避けられるでしょう。

入荷予定日の設定の手順は以下のとおりです。

  1. セラーセントラルから該当ページにアクセスし、詳細を開く
  2. 詳細の編集をクリックする
  3. 出品情報タブの「商品の入荷予定日」に予定日を入力する
  4. 保存をクリックして終了する

すぐに商品を再入荷する

在庫切れを起こしたら、すぐに商品を入荷することも大切です。再入荷が遅れるほどさまざまなリスクが発生する可能性が高まり、競合他社の商品が購入されて顧客が流れてしまいかねません

在庫切れを起こしたら、可能な限り早く補充するようにしましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonで在庫切れを起こさないための4つの対策

Amazonに商品を出品する際は、在庫切れを起こさないことが鉄則です。在庫切れを回避するには、以下4つの対策が効果的です。

  • 納期管理を徹底して適正在庫を保つ
  • 売上を予測して分析結果を在庫管理に生かす
  • 在庫にあわせて広告量を調整する
  • FBAの利用や自社発送との併用を検討する

それぞれについて解説します。

納期管理を徹底して適正在庫を保つ

在庫切れを起こさないためには、納期管理を徹底して適正在庫を保つ必要があります。たとえば納期が想定よりも遅れてしまった場合は、今後納期にゆとりを持って発注すれば、納期遅れによる在庫切れを回避できるでしょう。

セラーが商品の発送をAmazonに委託する「FBA(フルフィルメント by Amazon)」を利用している場合、大型セールの前に多くのセラーがFBA納品を行うため、納品作業が通常より遅れることを覚えておきましょう。

セールの1~2ヶ月前には、セールの予定販売数も含めた数の納品を完了させておくことがポイントです。

売上を予測して分析結果を在庫管理に生かす

売上予測にもとづいた在庫管理を見直すことも大切です。1年を通して需要が見込まれるアイテムは、毎月の販売数および予測を分析し、在庫量を調整しましょう。

イベント商品や季節商品はシーズンが始まる前に多く売れるので、しっかり在庫を確保しておくと安心です。

過去の売上数をチェックして売れるタイミングとニーズを把握し、適正在庫を確保するサイクルを構築しましょう。

在庫にあわせて広告量を調整する

在庫が少なくなり、在庫切れを起こすかもしれないという状況になった場合は、広告出稿量を抑えてアクセス数を減らすことで、販売ペースを緩やかにできます。

注文した商品の納品が完了するまでの時間稼ぎとして広告量を調整すれば、在庫切れを回避できるでしょう。

FBAの利用や自社発送との併用を検討する

自社で在庫管理を行う人手が不足している場合は、FBAを利用することも検討してください。

FBAを利用すればカスタマーサポートや商品の梱包および発送といった作業をすべてAmazonが代行してくれるので、在庫管理に専念できます

ただし、Amazonプライムデーなどのセール期間やクリスマス時期には注文が増えるため、在庫切れが起こりやすくなるので注意が必要です。

もしもFBA在庫が切れてしまった場合は、自社発送に切り替えるなど、FBAと自社発送をうまく併用できれば、在庫切れのリスクは少なくなります。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

Amazonでは在庫切れを起こさないよう対策を立てることが大切!

Amazonで一度でも在庫切れを起こすと、検索順位が下がったり広告が非表示になったりするなど、さまざまなリスクが発生します。

また、顧客からの信用にもかかわるので、中長期的な売上低下につながる恐れもあるでしょう。

リスク回避のためにも普段から在庫切れを起こさない体制を作っておくのはもちろん、万が一在庫切れを起こした場合の対策も考えておくことが大切です。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、ブランドのポテンシャルを最大限に引き出す運用代行・コンサルティング会社です。

転売対策や広告運用など各分野の精通したスペシャリストが在籍し、少数精鋭のプロが結集したチーム体制で、売上・利益アップやブランド価値の向上を実現します。

フル運用代行はもちろん、広告運用や転売対策など課題に対するピンポイントなご依頼も可能です。サービス内容や事例、費用などは以下のページにまとめているため、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次