楽天市場の出店プラン・費用|手順や注意点、出店後の運営ポイントも

ECモールへの出店先候補として、楽天市場への出店を検討している方もいるのではないでしょうか。楽天市場に出店するためには、プランを選んだり、審査を受けたりするなどの手順を踏む必要があります。本記事では、楽天市場への出店について、プランやメリット・デメリット、注意点などを詳しく解説します。出店後の運営ポイントも説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天市場運用に関するノウハウやリソースが不足している場合には、運用代行・運営代行会社やコンサルティングを活用するのがおすすめです。

おすすめの楽天市場運用代行・運営代行会社は以下の記事で紹介しているため、ぜひ参考にしてください。
【徹底比較】楽天運用代行・運営代行おすすめ人気31選!費用や選び方のポイントも紹介
楽天市場コンサルティングおすすめ人気31社|相場や比較ポイントも解説

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、ブランドのポテンシャルを最大限に引き出す運用代行・コンサルティング会社です。

転売対策や広告運用など各分野の精通したスペシャリストが在籍し、少数精鋭のプロが結集したチーム体制で、売上・利益アップやブランド価値の向上を実現します。

フル運用代行はもちろん、広告運用や転売対策など課題に対するピンポイントなご依頼も可能です。サービス内容や事例、費用などは以下のページにまとめているため、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

目次

楽天市場の出店プラン3種類の特徴・費用

日本国内で売上高2位を誇るECモールの楽天市場ですが、他のECモールと比べて出店にかかる費用や手数料が割高な傾向であるため、出店のハードルが高いという印象を持っている方も少なくないでしょう。

実際は、各店舗の規模に応じて出店プランが3種類用意されており、各店舗の予算に合わせて展開できるようになっています。

楽天市場の出店プランは、以下の3つです。

がんばれ!プランスタンダードプランメガショッププラン
月額出店料(税別)19,500円/月(※年間一括払い)50,000円/月(※年間2回分割払い)100,000円/月(※年間2回分割払い)
システム利用料(税別)月間売上高の3.5〜7.0%月間売上高の2.0〜4.5%月間売上高の2.0〜4.5%
登録可能商品数5,000商品まで20,000商品まで無制限
画像容量500MBまで5GBまで無制限

それぞれ出店料だけでなく、システム利用料や登録可能な商品数、画像容量が異なっています。

それぞれ詳しい特徴を解説します。

がんばれ!プラン

月額出店料(税別)19,500円/月
※年間一括払い
システム利用料(税別)月間売上高の3.5〜7.0%(パソコン:3.5%~6.5% モバイル:4.0%~7.0%)
登録可能商品数5,000商品まで
画像容量500MBまで

がんばれ!プランは、ネットショップ運営の経験が少ない方や、小規模からはじめてみたい方におすすめのプランです。

登録できる商品などは少ない一方で、出店料が月2万円程度からと、手頃な料金設定となっています。

スタンダードプラン

月額出店料(税別)50,000円/月
※年間2回分割払い
システム利用料(税別)月間売上高の2.0〜4.5%(パソコン:2.0%~4.0% モバイル:2.5%~4.5%)
登録可能商品数20,000商品まで
画像容量5GBまで

スタンダードプランは、月商約140万円以上を目標とする事業者などにおすすめのプランです。

メガショッププランと比べて、低コストで店舗運営できるプランとなっています。

メガショッププラン

月額出店料(税別)100,000円/月
※年間2回分割払い
システム利用料(税別)月間売上高の2.0〜4.5%(パソコン:2.0%~4.0% モバイル:2.5%~4.5%)
登録可能商品数無制限
画像容量無制限

メガショッププランは、商品数や画像容量が多く、規模の大きい事業者におすすめのプランです。

容量を気にせず店舗運営できるプランとなっており、楽天市場でもっともグレードの高い出店プランとなっています。

商品数と画像容量を気にせずに運営できるため、一定以上の規模がある店舗ならメガショッププランを選択すると、費用を最小限に抑えられるでしょう。

全プランに共通する費用

ここまで3種類のプランについて紹介しましたが、プラン別の料金に加えて、どのプランにも共通する費用が別途発生します。

出店プランとは別にかかる費用は、以下の通りです。

初期登録費用60,000円(税別)
楽天ポイント楽天会員の購入代金(税抜)×付与率(通常1.0%)
楽天スーパーアフィリエイトアフィリエイト経由売上の2.6~5.2%
モールにおける取引の安全性・利便性向上のためのシステム利用料月間売上高の0.1%
R-Messeがんばれ!プラン:3,000円
スタンダードプラン・メガショッププラン:5,000円※どのプランでも月額固定費
楽天ペイ利用料月間決済高の2.5%~3.5%

初回出店料とR-Messe費用は固定されているため、初回出店時は各出店プランに63,000円(スタンダードプラン・メガショッププランの場合は65,000円)上乗せした予算で考えましょう。

初回出店料とR-Messe以外にかかる費用は、売上が発生した際に生じる費用であるため、出店時に支払う必要はありませんが、念頭に入れておきましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場に出店するメリット・魅力5つ

楽天市場は日本国内で売上高2位のシェアがあり、現在存在している楽天IDの数は1億以上と、圧倒的な集客力を誇っています。

しかし、楽天市場に出店するメリットはそれだけではありません。

ユーザーに対する質の高いサービスだけではなく、出店者に向けた細かいサポートもまた楽天市場の魅力です。

それでは、楽天市場のメリット・魅力をチェックしていきましょう。

  • 知名度や利用者数を生かした集客力がある
  • 楽天RMSをはじめとした販促ツールを活用できる
  • 自由にショップページをデザインできる
  • セールやイベントで売上を拡大できる
  • 楽天大学やECCなどのサポートを受けられる

知名度や利用者数を生かした集客力がある

楽天市場はインターネット通販全体で28.9%と高いシェアを誇っており、2023年の年間国内EC流通総額は6.0兆円に及んでいます。

さらに、楽天ID数は1億以上と、利用人口の面で見ても大きな集客力があります。

多くの人が訪れ、毎日利用されていることから、楽天市場に出店すれば他のECモールよりも、自社の商品がユーザーの目に触れられる機会が多くなる可能性は高くなります

また、楽天グループは球団を保有しており、国内では知名度が高いことに加えて、楽天ポイントといった、ユーザーにとって魅力が高い楽天経済圏を構築しているため、今後も集客力が安定し続けるとされています。

参照:楽天市場が選ばれる理由、強み|楽天市場出店

楽天RMSをはじめとした販促ツールを活用できる

楽天市場にはRMS(Rakuten Merchant Server)というシステムがあり、このRMSを使用すれば、店舗ページの制作や商品登録など店舗構築が可能です。

さらに、受注管理機能やデータ分析、メール配信といったマーケティングに関する機能もついているため、RMSがあれば店舗運営に関することは一通り可能となっています。

店舗運営者にとって便利なツールが備わっているのも、楽天市場の魅力のひとつでしょう。

自由にショップページをデザインできる

楽天市場は自由にショップページをデザインできるという点で、他のECモールと一線を画しています。

たとえば、Amazonではページの形式が決まっているため、出品者の独自性やブランドイメージなどは表現しにくくなっています。

一方で、楽天市場では自社のイメージ通りのショップページにデザインできるので、ユーザーに対して自社ならではのデザインでユーザーにアピールできます

自社のブランドイメージが伝わったり、視認性の高いデザインで質の高い購買体験を提供したりできれば、売上が生まれるショップページになるでしょう。

セールやイベントで売上を拡大できる

楽天市場では、定期的にセールやイベントを開催しており、期間中に集客を行いやすいのが魅力です。

大型セールである「楽天スーパーセール」は年に4回(3月・6月・9月・12月)開催されており、ユーザーの購入金額によって還元ポイントが増加し、セール期間中はユーザーの購買意欲が増します

また、イベントとしては「お買い物マラソン」もあり、複数店舗で購入するとポイントが増加するため、出店者にとってメリットがあります。

その他にも、楽天グループに関連する楽天イーグルスやヴィッセル神戸などのスポーツチームが優勝した際は優勝セールなどが開催されます。

これらのイベントにあわせて集客を行い、リピーターを獲得することで、売上アップを実現できるでしょう。

楽天大学やECCなどのサポートを受けられる

楽天市場では、1店舗ごとに「ECC(ECコンサルタント)」と呼ばれる、店舗運営に関する知識を持ったスタッフがサポートをしてくれます。

店舗運営に関する基本的な知識はもちろん、商品の価格設定や戦略といったマーケティングまで相談できるので、出店者の心強い味方となっています。

また、「楽天大学」というeラーニングの講座形式で店舗運営のノウハウを学べる仕組みも便利です。店舗運営者に対するサポートは、他のECモールより優れているといえるでしょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場に出店するデメリット3つ

ここまでは楽天市場に出店するメリットや魅力をお伝えしましたが、デメリットも存在しています。

楽天市場の出店で注意したいデメリットは、以下の3つです。

  • 個人名義での出店ができない
  • 他のECモールに比べて費用が高い
  • 一部のプロモーションに制限がある

他のECモールとの出店で迷っている方はデメリットも考慮に入れて検討しましょう。

個人名義での出店ができない

楽天市場では、個人名義での出店ができません。

個人で楽天市場に出店する場合は、まず個人事業主として管轄の税務署に開業届を提出する必要があります。

楽天市場は、ネットショップを本業として運営する人を対象としているため、副業で行う方にとって出店のハードルが高くなっています。

他のECモールに比べて費用が高い

楽天市場は、他のECモールよりも総合的に費用が高くなってしまう傾向があります。

特に、楽天市場は、選んだ出店プランによって費用が決まるため、予算に応じてランニングコストを下げるといった戦略が取りづらい面があります。

AmazonやYahoo!ショッピングなどは、売上に応じて費用が変動するようなシステムであるため、小規模の事業者にとってはコスト面で柔軟に運用できるでしょう。

しかし、一定以上の規模があるネットショップならば、メガショッププランで無制限に商品登録が可能である楽天市場の方が、出店コストを抑えられる可能性があります。

他のECモールの費用を確認したうえで、楽天市場に出店するかを検討してみましょう。

一部のプロモーションに制限がある

楽天市場では、個人情報保護のためにユーザーのメールアドレスの情報をダウンロードしたり、収集したりすることができません。

そのため、楽天市場を通さずに独自にメルマガを配信するといったプロモーションができない点に注意が必要です。

ただ、楽天市場に備わっているニュース広告や店舗配信といった広告システムを活用することで、同じようなプロモーションを効率的にできるため、あまり不便に感じることはないでしょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場の出店には審査あり!必要な準備を解説

楽天市場に出店するには、審査に通過する必要があります。

審査を受けて出店するために必要な書類などは、法人の場合と個人事業主の場合で異なるため、それぞれ説明します。

法人の場合

法人の場合、出店審査を受ける前に必要なものは以下の通りです。

  • 出店申込書
  • 審査書類
  • 取扱予定商材の販売にあたって必要な営業許可・資格等の書類(古物取扱、酒類販売、食品営業、医薬品販売等)
  • 商材の写真
  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)

出店申込書などに捺印が必要となりますが、その際に法務局登記済代表印を使用します。

法務局登記済代表印が角型の場合や、代表者個人の姓のみまたは社名が異なるといった場合には、追加で印鑑証明書の提出などが求められるケースがあります。

個人事業主の場合

個人事業主の場合、出店審査を受ける前に必要なものは以下の通りです。

  • 出店申込書
  • 審査書類
  • 取扱予定商材の販売にあたって必要な営業許可・資格等の書類(古物取扱、酒類販売、食品営業、医薬品販売等)
  • 商材の写真
  • 住民票・印鑑証明書(3ヶ月以内に発行されたもの)
  • 実店舗の写真

法人と同じく、出店申込書の捺印には、印鑑登録済みの実印を使用する必要があります。

また、個人事業主の場合は「実店舗の写真」といった販売実績を示す書類も必要です。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場に出店する手順・流れ【4ステップ】

楽天市場に出店する流れは、以下の4ステップです。

  1. 出店審査を申し込む
  2. RMSアカウントを開設する
  3. ショップを構築しオープン審査を受ける
  4. 正式にショップを開店し運営をスタートする

出店までに審査を最短でも2回受ける必要があり、厳しい印象を受けますが、手順通りに行えば難しいものではありません。

それでは各ステップを詳しくチェックしていきましょう。

1.出店審査を申し込む

まずは、楽天市場の出店案内のWebサイトにある「出店申込」のボタンをクリックし、出店を申し込みます。

画面の指示に従って、会社情報や責任者の情報、商品ジャンルといった店舗の情報などを記入し、審査に必要な書類をアップロードします。

2.RMSアカウントを開設する

出店審査を受けて2週間から1か月ほどで審査結果が出ます。審査に通過できれば、メールでRMSにログインするためのIDとパスワードが送られてきます。

IDとパスワードでRMSにログインし、RMSのアカウントを開設しましょう。

3.ショップを構築しオープン審査を受ける

RMSアカウントを開設したら、決済方法や発送方法などを設定し、ショップページを制作し、店舗構築を行いましょう。開店準備が整ったら、ショップのオープン審査を受けられます。

RMS内に審査申込のボタンがあるので、そのボタンを押して審査を開始します。店舗の状態を確認するだけではなく、出店者も店舗ルール試験を受けて合格しなければいけません。しっかりと知識をつけて万全の状態で臨みましょう。

4.正式にショップを開店し運営をスタートする

オープン審査に合格したら、いよいよ商品を販売できます。

オープン審査を受けて結果が出るまで2週間前後かかるとされており、開店申込から1ヶ月近く時間がかかるパターンが多いです。

はじめて出店する方は、オープン審査で落ちてしまい、再審査を受けることになり、開店までに時間がかかるケースがあります。

申し込みから開店までにかかる時間を逆算して、余裕をもったスケジュールで出店手続きをはじめましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場の出店する際の注意点2つ

楽天市場に出店するにあたって、注意しなければいけない点が2つあります。

  • 販売が禁止されているジャンルがある
  • 出品に許認可や審査が必要なジャンルがある

上記を把握していないと、禁止されている商品の販売でペナルティを受けたり、許認可や審査の関係で出品が遅れたりする場合があります。

注意点を押さえて、スムーズに出店できるようにしましょう。

販売が禁止されているジャンルがある

楽天市場で販売が禁止されている商品ジャンルは、以下の通りです。

  • 法令で販売・所持が禁止されているもの(例:銃砲類、刀剣類)
  • 公序良俗・モラルに反するもの(例:使用済みの下着、制服、水着、体操服等)
  • 商品に関する契約等で譲渡・転売が禁止されているもの(例:預貯金や証券の口座、預貯金通帳等)
  • 悪用される恐れのあるもの(例:免許証、パスポート、健康保険証等の身分証明書等)
  • 青少年の保護育成上好ましくないもの(例:アダルトグッズ等)
  • 危険なもの(例:爆発物、高圧ガス等の危険物等)
  • 他人の権利・利益を侵害する可能性のあるもの(例:偽ブランド品、レプリカ、ブランド品のリメイク品や類似品、真正品であると証明できない商品等)
  • その他楽天市場が不適切と判断したもの(例:根拠のない「金運上昇」や「波動」等、迷信もしくは迷信に類し、または非科学的な表現を用いた商品等)

ECモール以外でも販売できないものが多く、一般常識の範囲内と思われますが、注意したいのは「7.他人の権利・利益を侵害する可能性のあるもの(例:偽ブランド品、レプリカ、ブランド品のリメイク品や類似品、真正品であると証明できない商品等)」です。

海外から自分で輸入して、実はブランドに酷似している商品だと気づかずに出品してしまうケースがあります。

こういった商品はある程度知識を持っている状態で取り扱うことをおすすめします。

出品に許認可や審査が必要なジャンルがある

楽天市場で販売が禁止されていないものの、出品に審査が必要なものがあります。

具体的なジャンルは、以下の通りです。

  • 楽天市場指定ブランドメーカー品
  • 産地・メーカーなどから購入者へ直送される商品
  • 医薬品、医薬部外品、医療機器(コンタクトレンズを含む)
  • 化粧品
  • 健康食品
  • PCソフトウェア
  • 携帯電話等の携帯通信端末
  • おせち料理
  • 金券類
  • 販売に際して免許等を必要とする商品(食品、酒類、中古品等)

医薬品や酒類、中古品など、販売に免許が必要な商品は審査が必要です。

それ以外にも、化粧品や健康食品といったヘルスアンドビューティー関連の商品も、出品にあたって審査を受ける必要がある場合があります。

ヘルスアンドビューティー関連の商品は、他のジャンル商品よりも売上がよい商品が多く、楽天市場に限らずECモール全体で出店者からの人気が高い傾向にあります。

しっかり審査に通れば、審査に通過できていない競合ショップとの差別化もできるため、審査通過のために準備をしっかり行いましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場への出店を成功させる4つのポイント

ここからは、楽天市場への出店を成功させるためのコツを4つ解説します。

  • 楽天SEO対策で検索からユーザーを呼び込む
  • 魅力的な商品ページを作成する
  • 楽天広告で集客を強化する
  • キャンペーンやセールを効果的に活用する

楽天市場は出店メリットが多いですが、出店しただけでは売上は生まれません。4つのポイントを実践して、売上拡大を実現しましょう。

楽天SEO対策で検索からユーザーを呼び込む

楽天SEO対策とは、楽天市場内で商品名などを検索した際に、検索結果でより上位に表示されるために行う施策です。

楽天市場内でSEO対策を行う方法として、以下4つのポイントがあります。

  • 商品に関するキーワードを商品名や商品説明文などに入れる
  • トレンドや季節にあったキーワードを含める
  • 重要なキーワードを「【】」などで目立たせる
  • 顧客からの評価が高いレビューを増やす

商品は、たとえば「パスケース 小銭入れ付き」のように、「商品名+性質、特徴」といった2つ以上のキーワードで検索されることも多いため、商品の特性についてもしっかりと記述することで、検索ワードと合致した際に上位に表示されやすくなります

魅力的な商品ページを作成する

商品ページにユーザーがアクセスしても、商品ページに十分な情報が記述されていなければ、途中で離脱してしまう可能性があります。

商品についての詳細な説明を載せることで、ユーザーからの信頼を獲得することが重要です。

魅力的な商品ページを制作するためには、まずターゲット層を明確し、ユーザーがどのような商品を求めていて、購入までにどのような情報が必要なのかを把握しましょう。競合店舗の商品ページの構造や、文章、画像など細部を観察することで、ユーザーが求める情報を把握する際に役立ちます

ユーザーは、実際の使用感やメリットなどの情報を求める傾向があるので、商品の利用方法や使用シーンを含めた詳細な説明文と、鮮明で状態が把握しやすい画像を掲載することが重要です。

商品ページをPCで制作していると忘れがちですが、スマホからの視認性も忘れずにチェックしましょう。

楽天広告で集客を強化する

楽天市場には、豊富な種類の広告システムが用意されています。

「ディスプレイ広告」、「運用型広告」、「ニュース広告」の3種類があり、それぞれの特徴や強みは異なっています。

少ない予算からでも行える広告があるので、すでに売上がある出品者だけでなく、出店したばかりの方も集客手段として広告を活用するとよいでしょう。

キャンペーンやセールを効果的に活用する

楽天市場では定期的に「楽天スーパーセール」をはじめとしたユーザーの購買意欲が高まるイベントが開催されています。

キャンペーンやイベントが開催されている時期は購買意欲の高いユーザーが多く訪れる傾向がため、イベントと連動して集客を強化しましょう

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、Amazon運用における各分野のプロが結集したチーム体制で、売上・利益拡大やブランド価値の向上を支援しています。

Amazon Ads アドパートナーとしての高精度な広告運用特許を取得した転売検知ツールによる転売対策をはじめとした施策によって、出品者の課題を最短で解決できるのが強みです。

フル運用代行以外にも、広告運用や転売対策などピンポイントなご依頼にも対応しています。サービス内容を詳しく知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてください。

楽天市場に出店して自社商品の販売をはじめよう

楽天市場は他のECモールと比較すると、販売実績がない方にとっては出店のハードルが高いとされていますが、集客力やショップページの自由度など多くのメリットがあります。

楽天市場の出店審査は厳しい傾向がありますが、SEO対策や広告運用などを駆使して売上を高められる環境が整っているので、しっかりと準備して楽天市場に出店しましょう。

Amazon運用代行・コンサルティングなら『しるし株式会社』!

しるし株式会社では、ブランドのポテンシャルを最大限に引き出す運用代行・コンサルティング会社です。

転売対策や広告運用など各分野の精通したスペシャリストが在籍し、少数精鋭のプロが結集したチーム体制で、売上・利益アップやブランド価値の向上を実現します。

フル運用代行はもちろん、広告運用や転売対策など課題に対するピンポイントなご依頼も可能です。サービス内容や事例、費用などは以下のページにまとめているため、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次