【2021年最新】自動車業界のオウンドメディア成功事例6選

自動車業界でも、オウンドメディアを活用する企業が増えています。

しかし、オウンドメディア運営に興味があっても、具体的なメリットや成功している企業の事例などが分からず、悩んでいる方もいるはず。

実は、自動車業界でオウンドメディアを運営し、ブランディングや潜在顧客の獲得などを成し遂げた事例はいくつもあります。

この記事では、自動車業界のオウンドメディアの成功事例6選を中心に、オウンドメディア運営のメリットも解説します。

読み終えれば、あなたも自動車業界でオウンドメディアを運営するメリットや方法を深く理解できるため、ぜひ参考にしてみてください。

目次

自動車業界がオウンドメディアを運営するメリット3つ

自動車業界がオウンドメディアを運営するメリットは、主に以下の3つです。

  1. ブランドイメージを視覚的に伝えられる
  2. 慎重に選びたいユーザーの心情に寄り添える
  3. ロイヤリティを高められる

自動車という高額な商材だからこそ、何度も見られるオウンドメディアとの相性が良いのです。

ブランドイメージを視覚的に伝えられる

自動車業界には多くの企業が乱立しているため、売上を伸ばすにはいかに自社のブランドイメージを浸透させるかが重要。

オウンドメディアを立ち上げれば、画像・文章・映像で視覚的にブランドイメージを伝えられます。

サイトデザインひとつで、高級感のある印象を与えたり、親しみやすい印象を与えたりと、様々な見せ方が可能。

ブランドイメージを周知したい企業にとって、メリットだと言えるでしょう。

慎重に選びたいユーザーの心情に寄り添える

安価な買い物とは違い、高額な車の購入は慎重に決めたいと考える人が大多数。

オウンドメディアは、何度も訪れてもらえるため、どこのブランドの車を購入するかゆっくり検討したいユーザーの心情に寄り添うことができます。

ドライブルートの提案や、車のメンテナンス方法に関する記事を充実させれば、購入後のイメージを抱きやすくなるでしょう。

オウンドメディアを運営すれば、長期的に自社製品をアピールできるのです。

ロイヤリティを高められる

オウンドメディアは、新規顧客へのアプローチ手段としても有効ですが、既存顧客の愛着や親近感を深める役割も果たします。

車を購入したばかりのころの感動や愛着は、残念ながら時間の経過とともに徐々に薄れてしまうもの。

そんなとき、充実したオウンドメディアが目に留まれば、愛車の魅力を再認識して貰えるでしょう。

すでに自社の車を購入している顧客のロイヤリティをさらに高められる点も、オウンドメディアを運営するメリットです。

自動車オウンドメディア成功事例6選

今回は、自動車業界オウンドメディアの成功事例6選を表にして一覧で紹介しています。

スクロールできます
トヨタイムズMe and Honda, CareerNISSAN OWNERS’ MAGAZINEマツダ公式ブログ Zoom-Zoom BlogSUBARUで愉しむMercedes-Benz LIVE!
画像
URLhttps://toyotatimes.jp/https://www.honda.co.jp/career/https://n-link.nissan.co.jp/NOM/https://blog.mazda.com/archives-allhttps://www.subaru.jp/onlinemuseum/https://mb-live.jp/
運営元トヨタ自動車株式会社本田技研工業株式会社日産自動車株式会社マツダ株式会社株式会社SUBARUMercedes-Benz

トヨタイムズ(トヨタ自動車株式会社)

「クルマの時代から、もっと自由に移動を楽しむモビリティの時代へ」というコンセプトのもと、2019年に誕生。

トヨタイムズのテレビCMも打ち出しており、WEB記事とテレビCMを掛け合わせた斬新なメディアです。

トヨタ製品に関する情報の他にも、以下のようなバラエティに富んだコンテンツが。

  • 香川編集長シリーズ:俳優の香川照之と、元アナウンサーで現在はトヨタ社員の森田京之介が取材やインタビューを行う記事
  • TOYOTA NEWS:トヨタの取り組み、決算発表、株主総会、労使交渉などに関する記事
  • スポーツ:トヨタがスポンサーとなっている様々なスポーツに関する記事
  • トヨタイムズ放送部:毎週水曜日に放送しているラジオ

様々な切り口からコンテンツが集まっており、斬新で見ごたえのあるオウンドメディアとなっています。

Me and Honda, Career(本田技研工業株式会社)

「人の挑戦こそが、ホンダの原動力だ」という、ホンダならではの思想を体現している就活生向けメディアです。

ホンダで働いている「人」や、その人が持つ「原動力」に関する、社員へのインタビュー記事が揃っています。

Me and Honda, Careerから直接採用選考へ応募できるため、記事を読んで共感した就活生がすぐに行動に移せるところも魅力のひとつ。

ホンダのリアルな魅力を就活生に存分に伝えられるメディアに仕上がっています。

NISSAN OWNERS’ MAGAZINE(日産自動車株式会社)

NISSAN OWNERS’ MAGAZINEは、日産車をすでに所有している人がターゲットのメディア。

日産の最新技術や、日産の車で訪れたい場所、デザインのこだわりについてなど、さまざまなテーマに沿ったコラムがあります。

さらに、愛車を長く使い続けるためのメンテナンス方法のアドバイス記事も充実しているため、既存顧客が日産車の魅力を再認識するきっかけとなるでしょう。

マツダ公式ブログ Zoom-Zoom Blog(マツダ株式会社)

マツダ車を、安全さ・便利さ・快適さなどのさまざまな切り口で紹介しているブログメディア。

商品改良や新製品に関する情報はもちろんのこと、マツダ車を魅力的に撮影する方法や、夫婦で楽しむドライブデートについてなど、多様な記事を楽しめます。

すでにマツダ車を愛用している顧客にとっては、新たな一面を知るきっかけとなるでしょう。

Zoom-Zoom Blogがマツダの魅力を新たに知るきっかけとなり、新規顧客の獲得に繋がると考えられます。

SUBARUで愉しむ(株式会社SUBARU)

記事だけでなく、オンラインミュージアムやムービー&マガジンなどの、SUBARUの魅力に触れて愉しめるコンテンツが盛りだくさんのメディア。

「私たちの安全なクルマが、あなたをもっと自由にして、あなたの趣味や好奇心が今まで以上に広がっていくこと」という理念のもと運営されています。

その他にも、安全運転のための授業を受けられたり、SUBARU所有者のコミュニティへの案内も。

従来のブログ調のメディアとは一線を画した、斬新なスタイルのメディアです。

Mercedes-Benz LIVE!(Mercedes-Benz)

ベンツ車のモデル紹介記事やドライブルートの紹介記事により、多角的にベンツの魅力に触れられるメディア。

俳優や建築家、ミュージシャンなど、さまざまなジャンルの有名人へのインタビュー記事が多いため、新規顧客の流入も想定できます。

目を引くような洗練されたサイトデザインは、車のデザインとの統一感も感じられるため、ブランディング効果もあるでしょう。

おしゃれでスタイリッシュなベンツ車を体現しているメディアだと言えます。

まとめ|自動車系オウンドメディアを活用してブランドイメージを確立しよう|

自動車業界では、新規顧客の獲得や既存顧客のロイヤリティを高めるために、オウンドメディアを活用する企業が多く存在します。

自社ならではのオリジナリティを確立できれば、根強いファンの獲得に繋がります。

オウンドメディアをSNSやテレビCMをかけ合わせるなど、周知方法に拘れば、他社と大きく差別化することも可能。

単価が高く、一度購入したら長期的に使い続ける自動車業界だからこそ、長く顧客に寄り添えるオウンドメディアを運営してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

MARKENOTE編集長。Webライターからキャリアをスタートし、現在は各種BtoB企業メディアでのオウンドメディア構築・運用支援を担当。コンテンツマーケティングで悩むすべての人の助けとなる情報を提供します。

目次
閉じる