BusinessCallのリアルな評判・口コミはない?利用するメリット・デメリットを解説

「土日にも対応してくれる電話代行サービスがあればいいのに…」

「電話代行サービスを使ってみたいけど、電話対応の質が低かったら困るな…」

などの悩みを抱えている方も多いことでしょう。

平日・土日問わず、質の高い電話代行サービスを利用したいと考えている会社におすすめなのが、電話代行サービス「BusinessCall」。

BusinessCallなら、365日いつでも高品質な電話代行をしてくれます。

この記事では、そんなBusinessCallの評判・口コミについてや、メリットとデメリットを解説します。

記事を読めば、あなたもBusinessCallを自社で使うべきかどうか判断できるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

BusinessCallは土日にも使える高品質な電話代行サービス

BusinessCallは、高品質かつ土日にも使える電話代行サービス。

30分刻みで指定した時間帯の間、あなたの会社へ寄せられた電話へ対応してくれます。

寄せられた電話の内容は、後からLINE・Chatwork・メールのいずれかで知らせてくれるため、必要に応じて折り返せます。

また、BusinessCallの専用管理画面はチーム内や社内で共有できるため、メンバー全員が状況を正確に把握することも可能。

これだけの機能が搭載されていながら、なんと月額5,000円からと非常に安い価格で導入できる点も魅力の1つ。

コールオーバー価格も設定されているため、時期によって寄せられる電話の数に波のある会社でも安心して使えるでしょう。

料金プラン・初期設定費用:15,000円(今なら0円)
・スタンダードプラン(月40件まで・1日7時間まで):5,000円/1ヶ月、コールオーバー単価160円/1件
・ラグジュアリープラン(月100件まで・1日12時間まで):10,000円/1ヵ月、コールオーバー単価130円/1件
URLhttps://businesscall.jp/pricing
運営会社ウィズ・プランナーズ株式会社

BusinessCallのリアルな評判・口コミ・体験談

今回ネット上でBusinessCallの評判・口コミ・体験談などを調査しましたが、残念ながら有力な声は見当たりませんでした。

BtoB商材であるため、BusinessCallに関する評判・口コミ等は見つかりにくく、なかなか利用したことのある方を見つけるのは難しそうです。

ただ今後、BusinessCallを利用したことのある企業担当者の方に、インタビューを行うなども検討しています。

リアルな評判・口コミ等が見つかりましたら、再度ご連絡させて頂きますので、今しばらくお待ち下さい。

BusinessCallの5つのメリット

BusinessCallのメリットは以下の5つです。

  1. オペレーターによる電話対応の質が高い
  2. 平日・土日問わず365日利用可能
  3. 30分単位で契約時間を指定できる
  4. 月額5,000円から使えて低価格
  5. 電話内容の通知方法が豊富

オペレーターによる電話対応の質が高い

BusinessCallの運営会社であるウィズ・プランナーズ株式会社は、大手企業のコールセンタ業務も行っています。

そのため、BusinessCallのオペレーターは徹底した教育を受けています。

例えば着信後2コール以内に電話に出る、正しい日本語を使って電話対応をするなど、電話を寄せたお客様に失礼のない対応をしてくれます。心地よい電話対応は、顧客満足度の担保にも繋がるでしょう。

電話対応の質が高い点は、BusinessCallのメリットの1つです。

平日・土日問わず365日利用可能

BusinessCallが他社と最も違う点は、365日電話対応できるところ。

9時~21時の間であれば、平日でも土日でも電話対応をしてくれます。

これにより、大切な顧客からの問い合わせを取りこぼさずに済みます。

土日にも営業している会社や休日の方が着信が多い会社にとって、嬉しいポイントでしょう。

30分単位で契約時間を指定できる

昼休みの時間や社員の退社後の時間など、ピンポイントで電話代行サービスを使いたいという会社もあるでしょう。

BusinessCallなら、30分単位で契約時間を指定することが出来ます。

また「12:00~13:00と18:00~21:00」といった具合に、1日に複数回依頼することも可能。

このように、利用時間を柔軟に指定できる点は、メリットの1つとして挙げられます。

月額5,000円から使えて低価格

BusinessCallは、なんと月額たったの5,000円から利用可能。

さらに今なら15,000円の初期設定費用が0円なため、とてもお得に導入することができます。

これは、他社と比較してもかなり安い金額です。

そのため、BusinessCallは「電話代行サービスを使いたいけど、高い金額は出せない…」と感じている人のニーズにも応えてくれます。

ただし、月額5000円のスタンダードプランでは、月40件までの電話対応となるため要注意。

40件を超える電話対応があった場合には、1件につき160円のコールオーバー料金が発生します。

申し込み後最短3日で利用開始できる

今すぐに電話代行サービスを使わないと、大切な業務に支障が出てしまう会社もあるでしょう。

また、1日でも早く、電話対応業務をしている従業員の負担を減らしたいと考えている人もいるはず。

その点、BusinessCallなら、申し込み後最短3日で利用開始できます。

急を要している会社にとって、スピーディーに導入できるのは有難いことですよね。

BusinessCallの評判から分かった3つのデメリット

BusinessCallデメリットは以下の3つです。

  1. 支払い方法はクレジットカード払いのみ
  2. 9時~21時以外の時間帯には有人対応不可
  3. 営業電話には断って貰えない

支払い方法はクレジットカード払いのみ

普段外部のサービスを使う時には、必ず請求書払いをしているという会社もあるでしょう。

しかし、BusinessCallはクレジットカード払いにしか対応していません。

いつもクレジットカード払いをしていない会社にとっては、デメリットと言えます。

ちなみに、BusinessCallが対応しているクレジットカードは、

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover

の6ブランドです。

9時~21時以外の時間帯には有人対応不可

BusinessCallは土日にも電話対応をしてくれます。

ただし、時間帯には制限があり、平日も土日も9時~21時のみの対応です。

時間外に着信があった場合には、定型文の自動ガイダンスが流れる仕組みとなっているため、あらかじめ把握しておきましょう。

営業電話には断って貰えない

残念ながら、BusinessCallは不要な営業電話は断るといった対応はしてくれません。

大切な電話か不要な営業電話かを、第三者が判断するのは非常に困難なためです。

そのためどんな電話であっても、1件としてカウントされます。

営業電話が沢山かかって来る会社にとって、デメリットとなります。

まとめ:BusinessCallがおすすめなのは土日にも電話代行をして欲しい会社

本記事では、BusinessCallのメリットとデメリットを紹介しました。

電話代行サービスは、電話対応業務に圧迫されている会社や、従業員の負担を減らしたい会社にとてもおすすめのサービスです。

しかし、自社にあったサービスを選ばないと、後悔することになりかねません。

特に、土日にたくさんの電話を寄せられる会社が、平日にしか対応していない電話代行サービスを使っても、あまり効果を感じられないでしょう。

土日にも電話代行をして欲しい会社は、ぜひBusinessCallの導入を検討してみて下さい。

なお、今なら通常15,000円かかる初期設定費用が0円なため、早めの導入をおすすめします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

MARKENOTE編集長。Webライターからキャリアをスタートし、現在は各種BtoB企業メディアでのオウンドメディア構築・運用支援を担当。コンテンツマーケティングで悩むすべての人の助けとなる情報を提供します。

目次
閉じる