コンテンツマーケティングの種類7選!効果のあるコンテンツを紹介

コンテンツマーケティングは、自社のサービスや製品を利用してもらうために、一人の顧客をファンとして定着させるマーケティング手法です。

ただコンテンツマーケティングと言っても、ターゲットや流入経路ごとに種類が違うので、何を勉強すればいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか️。

この記事では、コンテンツマーケティングについて

  • コンテンツマーケティングの概要
  • なぜコンテンツマーケティングが重要なのか
  • 7種類のコンテンツマーケティング

について、徹底解説しています。

読み終えれば、コンテンツマーケティングへの理解が深まるので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、顧客が価値を感じるコンテンツを作成・配信して、見込み顧客の獲得・購買につなげるマーケティング手法のこと。

コンテンツマーケティングを通じて、自社のファンを獲得して、短期的な売上増加だけでなく、中長期的な収益源を確保できます。

コンテンツの種類は、

  • 動画
  • セミナー
  • ブログ記事
  • メールマガジン

など、オンラインからオフラインまで、様々なものが対象です。

なぜコンテンツマーケティング重要なのか

コンテンツマーケティングが重要視されている理由は、ユーザーの情報を獲得する手段が変化したためです。

  • Google
  • Yahoo
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

などの検索機能や、SNSの発達により、ユーザーは好きな時に必要な情報を簡単に手に入れられる時代になりました。

これにより、各社の顧客獲得競争が激化しています。

顕在的な購買顧客を獲得する場合、今までの売り込み型の広告手法は通用しづらいのが現状です。

潜在的なニーズを持っている顧客層にアプローチするためには、

  1. 潜在的な顧客が必要とする情報を提供
  2. 自社の顧客・ファンとして育成
  3. 購買顧客に育てていく

というプロセスが必要になります。

コンテンツマーケティングは、顧客にとって必要な情報を提供する上でも、非常に重要視されているのです。

コンテンツに用いられる3つの種類

ここでは、コンテンツマーケティングにおいて、特に活用されている3つの種類について解説します。

記事

記事は作成の難易度が比較的低いため、コンテンツとして非常におすすめです。

多くの企業が

  • 企業理念
  • 自社製品の使い方
  • ユーザーが抱える悩みや不安を解消

などについて書いている記事があります。

現場で活躍しているスタッフのルーティーンを記事にして、社内の雰囲気を知ってもらおうと取り組んでいる企業もありますね。

「〇〇 できない」「〇〇 とは」など、ユーザーが抱えている悩みや不安が解決される記事を作成しましょう。

動画

コンテンツマーケティングにコンテンツとして、動画を活用する企業も多いです。

  • 実際に働いている社員にインタビュー
  • 自社製品の使い方を解説

などを動画にすることで、親近感が持てるので、ファンの育成や新規の顧客獲得につなげられます。

動画コンテンツは、

  • Twitter
  • TikTok
  • YouTube

などのSNSと相性が良いので、自社の魅力を伝えられるだけでなく、マーケティングとしての効果も高いです。

導入事例

企業への導入事例は、特にBtoB領域におけるコンテンツマーケティングでよく用いられている手法です。

ベンチャー企業・中小企業などが、実際に自社で対応した企業への導入事例を発信しています。

導入事例は、サービスや製品購入を検討している企業に対して

  • 購入意欲を高める
  • サービスや商品への信頼感が増す
  • 導入した際の、具体的なイメージを持てる

などのメリットがあります。

7種類のコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングでは、ユーザーの

  • 年齢
  • 性別
  • 購買傾向
  • サービスや商品への認識

といった、セグメントに合ったコンテンツを提供していく必要があります。

ここからは、コンテンツマーケティングを7種類紹介していきます。

ペイドメディア

ペイドメディアとは、企業が広告費を払って、自社サービスや製品を宣伝する従来型メディアのこと。

具体的には、

  • 雑誌
  • 新聞
  • テレビ
  • ラジオ
  • Web広告
  • イベント時のスポンサー

などが、ペイドメディアに該当します。

ペイドメディアの役割は、潜在顧客や自社に興味を持っていない消費者に対して、サービスや製品の認知です。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、企業がメディアの管理や運営、情報発信を行うメディアのこと。

自社が保有している

  • ブログ
  • Webサイト
  • メールマガジン

などが該当します。

オウンドメディアの役割は、消費者にサイト情報だけでは得られない、サービスや製品についての情報を発信することです。

アーンドメディア

アーンドメディアとは、フォロワーやインフルエンサーなどの第三者であるユーザーや消費者が、情報発信するメディアです。

第三者が発信する媒体として

  • Twitter
  • Instagram
  • 個人ブログ

が例として挙げられます。

ユーザー自身が発信する情報量は年々増えており、最も消費者から高い信頼を寄せられているメディアと言えるでしょう。

マルチメディア

マルチメディアとは、

  • 記事
  • 音声
  • 動画
  • 画像

などの複数の情報媒体が統合されたメディアです。

例として、画像や動画などのさまざまな情報を、パソコンやスマートフォンといった媒体から受け取っています。

情報を集約している表現方法が、マルチメディアです。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、企業の課題や問題点を分析して、自社のサービスや製品によって解決を実現するための方法がまとまった報告書です。

  • 受注角度が高められる
  • リードナーチャリング※1できる
  • リード情報を得られる

BtoB※2企業が、新規顧客の獲得を目的に活用する場面が増えています。

主な目的は、顧客が抱える課題を解決するために、情報を提供することです。

※1 見込み顧客の購入意欲を高めて、受注につなげるマーケティング方法

※2 企業が企業に対して、サービスや製品を提供するビジネスモデル

ソーシャルメディアマーケティング

SNS(ソーシャルメディアマーケティング)とは

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LinkdIn

などのソーシャルメディアを活用するマーケティング施策です。

Webサイトとは違い、企業と消費者がお互いにコミュニケーションを取れるメリットがあります。

スマートフォンの普及に伴って、SNSユーザーも増加し続けており、今後もソーシャルメディアマーケティングは注目されています。

ブログマーケティング

ブログマーケティングとは、ブログで商品の宣伝や紹介を行い、収益を得られるマーケティングです。

発信する内容は、ノウハウやお役立ち情報など、ユーザーにとって有益と思われるコンテンツを意識しましょう。

  • 質問や感想に回答することで、ファンが増えて、コンバージョン率が上がる
  • 良質なブログを読んだユーザーが、企業のファンになる可能性がある

などのメリットがあり、売上や知名度アップだけでなく、ブランディングにつなげられます。

まとめ|ターゲットの興味に合わせたコンテンツ発信しましょう

コンテンツマーケティングは、さまざまな種類があるので、ターゲットの興味に合わせてコンテンツを発信していく必要があります。

実際に用いられるコンテンツとして、記事や動画、導入事例などが一般的です。

コンテンツマーケティングの種類も多数存在するので、ターゲットが必要としている情報を発信していくことが必要になってくるでしょう。

売上に直結しづらく根気が必要な作業のため、

  • 流行
  • 広告費削減

などの目先の利益優先で、始めることは決しておすすめしません。

潜在的な顧客としっかりコミュニケーションが設計されており、ひとつのツールとしてコンテンツを活用しましょう。

対象となりうるユーザーが、何を求めているのか調査・分析した上で、満足度の高いコンテンツを届けることが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次