PV数の目安はどのくらい?業種・サイト別の目標値など解説!

Webサイトを運営する上で、PV数・セッション数は多くのマーケターにとって、気になる指標のひとつですよね。

ただ、これからWebサイトの運用・Webメディアの運営を始める方の中には、目標の数値を設定する際に

「どのくらいのPV数を目安にすればよいのか」

がさっぱり検討もつかない方も多いはず。

この記事では、

  • PV数の定義
  • セッション数の定義
  • PV数の目安
  • PV数の増やし方

について、徹底解説します。

読み終えれば、PV数とセッション数への理解だけでなく、PV数の増やし方が分かるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

PV数の定義

PV数(ページビュー数)とは、特定のWebページが閲覧された回数です。

ページ毎のPV数が分ければ、どのページにユーザーが注目しているか把握できます。

ページ階層ごとのPV数を比較することで

  • 画面遷移の容易さ
  • コンテンツ内容の妥当性

が見えてきます。

ちなみに、一人のユーザーが

  1. トップページ
  2. ページA
  3. ページB

といった順番で、ページ内を閲覧した場合のPV数は3です。

PV数は、サイト運営の中で重要視される指標のひとつになっています。

セッション数の定義

セッション数とは、ユーザーが特定の期間内にWebサイトにアクセスした回数です。

セッションとは、ユーザーが特定のWebサイトにアクセスして、離脱するまでの一連の流れを指します。

具体例を挙げると、

  • ユーザーAは、13〜14時の間にWebサイトCを2回訪問した
  • ユーザーBは、13〜14時の間にWebサイトCを1回訪問した

上記の場合のセッション数は3です。

14時を超えてから、ユーザーAとBがWebサイトを訪問しても、セッション数にはカウントされません。

Webページに訪問したあとで、何の操作も行わず30分以上経過した場合も、セッション数はリセットされます。

PV数の目安

PV数の目安は、Webサイトの形式や発信ジャンルによって異なります。

ブログやECサイト、コーポレートサイトなど、月間でのPV数の目安もさまざまです。

続いては

  • 月間PV数の目安
  • 月間PV数ランキング

について解説していきます。

コンテンツ作成する上での、ひとつの目安にしてみてくださいね。

月間PV数の目安

月間PV数は、発信ジャンルやWebサイトの目的によって目安が異なります。

Webサイトを立ち上げて数ヶ月で、月間1万PV以上になるサイトもあれば、アクセスに伸び悩むサイトもあります。

それぞれの月間PV数の目安は、下記を参照ください。

月間PV数の目安
ブログ(BtoB)100,000PV
ブログ(BtoC)100,000PV
ECサイト10,000PV
コーポレートサイト3,000PV

あくまでも、数値は一般的な目安です。

「PV数が多い=サイト回遊率が高い」わけではないので、注意しましょう。

PV数ランキング

続いて、日本におけるPV数ランキングを1〜10位まで発表していきます。

2022年2月の、1日あたりの平均PV数を基に算出しています。

企業名
1位Google
2位YouTube
3位Yahoo
4位Amazon
5位Twitter
6位Wikipedia
7位Rakuten
8位Google
9位Facebook
10位Fc2
引用元:Top Sites In Japan

PV数の記載はありませんでしたが、GoogleやYouTube、Yahooなどのポータルサイトが上位を占めていることが分かりました。

PV数を増加させる5つの方法

ここからは、PV数を増加させる具体的な5つの方法についてご紹介。

言葉の定義やPV数の目安が分かったところで、ひとつずつ解説していきます。

SEO

SEO(Search Engine Optimization)は、Webサイト内を改善して、検索結果で上位を獲得する方法です。

SEOでは、GoogleやYahooなどの検索エンジンを活用した自然検索が一般的とされています。

  • PV数
  • 直帰率
  • 滞在期間
  • 問い合わせや売上に関するCV件数

などもSEO対策において、重要な指標になります。

SNSマーケティング

SNSマーケティングは、ソーシャルネットワークサービスを用いて、広告や自然流入を増やす施策のひとつです。

現在(2022年3月時点)は

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

が主流となっています。

各SNSで、

  • 信頼
  • トラフィック
  • ユーザーの特性

を獲得できます。

リスティング広告

リスティング広告は、特定のキーワードを検索結果上に、広告として表示させる方法です。

検索結果の上位に表示されるので、購買意欲が高いユーザーに対して効果が期待できます。

出稿費がかかりますが、キーワードの意図を正しく把握していれば、有効な施策です。

  • Google広告
  • Yahoo広告

が一般的に活用されています。

出稿費の相場は、10〜50万円です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイト上に画像や動画をバナー広告として表示して、流入を増やす施策です。

代表例は

  • メディア
  • YouTube広告
  • Google広告
  • Yahooプロモーション

があります。

リスティング広告よりも、認知度を広める目的として、活用される場合が多いです。

ディスプレイ広告の掲載費は、月間20〜50万円が相場とされています。

メールマーケティング

メールマーケティングとは、事前に用意した配信リストにメールを配信して、プロモーションを図る施策です。

メールマーケティングの目的は

  • 集客
  • サービスの購入
  • ブランドや商品のファン育成

などさまざまです。

1対1のような個人間のやりとりではなく、1度のメールで複数人に送信できます。

まとめ|PVの目安を把握して、多くのユーザーを集めましょう

PV数の目安を把握しておくだけで、コンテンツを制作する際の指標になります。

Webサイトを訪問したユーザーでも、PV数とセッション数では

  • 閲覧された回数
  • アクセスされた回数

といった違いがあるので、定義を理解して、サイトを運営する際に活かしましょう。

PV改善の際には、改修ポイントが分からない状態に陥らないことが重要です。

現状の数値を正確に把握して、Webサイトに多くのユーザーを集めましょう。

オウンドメディア運用代行なら「abcompany」におまかせください!

abcompanyでは、オウンドメディアの構築・運営代行を中心に承っており、大手上場企業からベンチャー企業まで、数多くの実績があり、0からのオウンドメディア構築支援の経験も非常に豊富です。

「既存のWebサイト運用が上手くいっていない」「オウンドメディア運用して検索からお問い合わせが欲しい」などのお悩み等ございましたら、弊社担当者による無料相談も承っているので、ぜひお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MARKENOTE編集長。Webライターからキャリアをスタートし、現在は各種メディアでのオウンドメディア構築・運用支援を担当。コンテンツマーケティングで悩むすべての人の助けとなる情報を提供します。

目次
閉じる